不誠実な対応しかしない弁護士を変えたい

現在、雇止め、パワハラ、未払い残業代で弁護士に依頼しているのですが、弁護士が不誠実で期待に応えていません。すでにお願いしてから2カ月以上たちますが、労働審判の申立もされていません。生活費が枯渇してしまうのはもうすぐです。弁護士を変えたのですが、その場合のデメリットは?
また、こちらでは労働問題に得意で誠実かつスピーディに対応していただける弁護士を紹介していただけるのでしょうか?
その場合の費用の概算をお知らせください。
2018年10月31日 09時44分

みんなの回答

辰野 真也
辰野 真也 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 北海道2
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
弁護士を替えることのデメリットとしては,いま依頼されている弁護士への支払い関係くらいだと思います。着手金が戻ってくるのか等,契約書をご確認下さい。

このみんなの法律相談では,弁護士を紹介することはありませんし,基本的には弁護士を紹介する業者等はいませんので,ご自身でなんとか探すしかありません。

費用は弁護士によって大きく異なります。
また,何をもって「スピーディー」というかも,その判断は難しいところです。

何人かの弁護士に面談して相談し,事件処理の見通しや費用を聞いて,その中から良いと思った弁護士に依頼されるのがよいと思います。

2018年10月31日 11時39分

鬼沢 健士
鬼沢 健士 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 茨城県1 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
弁護士の紹介や費用に関する質問はここではなく、一括見積もりを利用してください。
ここでの回答は禁止されています。

2か月は確かに長いですが、事案の複雑さや資料の提供状況等にもよります。
雇止めとのことなので、少し期間を置いた方が解決金が上がるという発想もあるかもしれません。

弁護士を変えた場合のデメリットは、すでに払った着手金のことです。返金されない可能性もありますので、今の弁護士と協議してください。

2018年10月31日 13時45分

相談者
大変参考になりました。
ありがとうございます。

2018年10月31日 22時08分

この投稿は、2018年10月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

この相談に近い法律相談

  • 登録派遣の雇止め無効について

    雇用契約期間中に、債務不履行がないのに交代させられ、そのまま不当解雇されました。そのうえ、自己都合退職として処理されました。派遣契約は継続しています。 裁判になると、残期間分の賃金請求は認められそうですが、派遣社員は、雇用継続に期待権がないため、期間満了後は地位がないという判断が下されそうです。 そこで、期...

  • アルバイトの雇い止めと期待権、録音について

    派遣社員として15ヵ月(/1ヵ月更新)働いた後、 直接雇用のアルバイト(/6ヵ月更新)に採用され、 12ヵ月働いたところで雇い止めとなりました。 (派遣期間を合わせるとトータル2年3ヵ月です。) 雇い止めの理由は非常に些細な事で、到底納得がいきません。 雇い止めの撤回、雇用の継続を望んでいます。 契約の更新回数だけを...

  • 雇止め

    福祉施設で1年契約の社員として働いています。昨年の1月に退職して別の所で働いていましたが、昨年の4月からまた、働いています。先月、来年度の契約は更新しない言われました。理由として法人の正規職員採用試験で職歴に不備があったこと、筆記試験の合格を所属長に報告しなかったこと、評価が高くはないということです。この理由で雇...

  • 雇止めに関してです。

    カラオケのチェーン店で3年10ヶ月勤続していて、更新回数は4回以上だと思います。先月3月更新の時に雇止めにあいました。 更新しない理由が勤務態度と言われました。 この勤務態度について恥ずかしながら勤務中に寝てしまっていた事があり納得している所もあるのですが、更新をしないと私に言って来た支配人自体勤務中に寝ていること...

  • 雇止めの解決金について

    有期雇用社員として3か月契約を8回繰り返し雇止めをされ、その後労働委員会を2年近くする間、相手方とも労働委員会の場で和解期日がもうけられましたが、いずれも解決金額は折り合いませんでした。 雇止めからすでに2年を過ぎているにもかかわらず相手方主張の金額は給与の2か月か3か月分から譲ろうとしません。 こちらは当然会...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。