1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解雇
  4. 雇い止め・派遣切り
  5. 強制的に有期雇用に変更→雇止めに。争いたいです

公開日:

強制的に有期雇用に変更→雇止めに。争いたいです

2016年10月25日
ベストアンサー
無期限雇用で働いていたのですが、2015年月12月に有期雇用に変更され、しかも今年の12月いっぱいで雇用終了、契約更新しないと言われました。
確かに今年の1月頃、「雇用契約書」への署名を求められ、署名しました。
でも雇用形態が変更になるという説明はなく、「形式的なものだ、ほかのスタッフにも書かせているから」、「2017年以降もずっと働いてもらうから」、「来年は本社で責任あるポジションについてもらうから」などと言われ、さらに「いま、署名もらわないと、次からの給料が払えないから」と急かされ、それでは困るので署名しました。

「契約更新しない」と言われてすぐに労働局に相談したところ、「きわめて悪質。計画的に退職に追い込もうとしているように見える」と会社のやり方に激怒し、「契約無効を訴えたらどうか」と言われ、弁護士に相談するか、「あっせん」を利用するか、いずれかを勧められました。

上司と話し合いをしてきましたが、しつこい退職勧奨が続き、最後は社長が出てきて恫喝するような口調で「あんた、そんなこともわからんのか!あんたに問題があるんだ!」などと退職強要されました。雇止めの理由は、私の性格に問題ありということですが、、解雇にあたるような問題を起こしたことは一度もありません。性格云々についても具体的説明はなく、別段指導を受けたということもありません。
会社側からの条件は、「12月までの給料は保障する。さらに既定の退職金に、月給3ヵ月分を上乗せする」ということです。12月までの給与を入れて、およそ200万円弱です。話し合いをしてきた3ヵ月間は仕事を与えられず、自宅待機を命じられました。

弁護士に相談したところ労働局とは見解が異なり、「自分で署名した以上、契約書の無効を争ってもなかなか難しい。諦めたほうがよい」と言われ、お金をもらって退職すればいいのではないかと勧められました。
最終的には退職でいいですが、月給3ヵ月分の上乗せだけで辞めるのは納得がいきません。
①労働審判で争うとしたら、●契約の無効 ●雇止めの無効 どちらでしょうか。両方でしょうか。また月給3ヵ月分以上の解決金をもらうのは難しいでしょうか。
②今すぐ訴えるべきでしょうか。12月までは給与や社会保険が保障されるので、それ以降がいいでしょうか。

お手数おかけしますがご回答いただけますと幸いです。
相談者(496355)の相談

みんなの回答

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 両方の主張をしてもいいと思います。それより多くの性かも十分あると思います。
2 3ヶ月仕事も与えられない、自宅待機自体も損害賠償の対応になりうると思います。未払いの残業代があるのでしたら、時効にかからないように内容証明郵便を出すなど準備をしつつ、予め弁護士に相談して、12月経過間際に提訴でいいのではないでしょうか。早めに労働問題をよく担当している弁護士に相談してもらえれば。

2016年10月25日 22時12分

相談者(496355)
波多野先生

お忙しいなか、早速のご回答ありがとうございます。
細かいところにも助言を下さって、ありがたいです。残業代のことはあまり頭にありませんでした・・。ご助言のとおり、早急に手を打ちたいと思います。

また仕事が与えられないというのも損害賠償の対象になりうるとのこと、こちらも頭にありませんでした。何度も仕事したいと伝えましたが、何もさせてもらえず、給与が出ていたとはいえ、かなりの苦痛を感じる3ヶ月でした。損害賠償請求していきたいと思います。

現在会社から提示されている以上の解決金を求め、時期を見て提訴したいと思います。

突然の雇止め予告で戸惑い、何からどう対応していいかわかりませんでしたが、前向きな気持ちが湧いてきました。

ありがとうございます。

2016年10月26日 01時50分

この投稿は、2016年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,996名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】雇止めが制限されるケースと雇止めをするときの注意点

契約社員など、有期雇用の従業員がいる場合に、雇用契約を更新するかどうかは原則として会社が自由に決められます。ただし、一定の場合には、雇用契約...

会社が雇止めをできないケース|契約更新してもらえない場合の対処法も解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

新型コロナの影響で派遣先から中途解除や雇止めをされた場合の対処法

新型コロナウイルスによる経営状況の悪化を理由に、派遣先の会社から、派遣期間中に契約を解除されたり、契約を更新しない(雇止め)と言われたりした...

契約社員が新型コロナによる経営悪化を理由に雇止めにあったときの対処法

契約社員として働いている勤務先が、新型コロナウイルスによる業績悪化を理由に雇用契約を更新してくれない(雇止めされた)場合でも、必ず退職しなけ...

この相談に近い法律相談

  • 契約満了以外の解雇は不当?

    某有名自動車会社で時給の契約社員として勤務しています。5年位で正社員になれる、と言われていましたが、勤続5年半(産休育休含む)経った今も時給のままです。 契約は1年更新で、毎年6月末に更新されます。 昨年の契約更新の数カ月前に、直属の上司に「生活が厳しく、これから子供が幼稚園に入ると更に厳しいので、月給の契約社員にな...

  • 雇止めについて 更新時の契約条件切り下げはあるか

    期間の定めのない社員として6年勤務した会社の上司から、突然「今年12月までの給与は支払うが、以降の契約更新は行わない」と告げられました。聞けば今年の1月に雇用形態が有期契約社員に変わっており、その切れ目が2016年12月末だというのです。 確かに1月頃、「雇用契約書」にサインを求められ、サインしましたが・・。サインを求め...

  • 有給の取り方について

    契約社員です。契約が3/31で終了し4月から再更新になります。 契約が切れる10日前に面談があり言い渡されました。意にそうものではありませんでしたが了解しました。 その3日後事情で退職希望をだしました。 1週間前ということもあり、上司から再契約書類を提出して4/30で退職にしてくださいと言われ契約書を提出しました。 再...

  • 月給契約を途中で時間給にされました

    昨年11月から飲食店で働いています。今月末まで試用期間ですが、当初は月給という条件で入りました。労働契約書の賃金欄には、月給 20万円 毎月20日締めの毎月末日払いと書いてあります。しかし、先月25日頃に店長から理由を言われることなく、「来月からは時間給でお願いするから」と言われ、今月は時間給で勤務しています。(時間給で...

  • 雇用保険未加入、過度な強制残業

    現在、某新聞配達店で働いてます。入社して2か月。月5の休みで、平均労働時間が11時間以上。手取りの給料も18万円のため、退職をするのですが、雇用保険に加入されていないことが分かりました。社長に言っても逆ギレしてどのようになってるのかも分かりません。新しい会社に入社が決まっているので非常に困っています。 こんな時は何か...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。