弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

任期付き大学教員の雇い止めの問題

私立大学の教員です。任期付き教員の雇い止めの問題について相談させてください。

これまで、5年任期、再雇用に関しては記載なしの規程に基づいて助教として2005年より11年間勤務して参りました。この間、大学教員の職位名称変更に伴って、助手→助教となる際に、一旦退職し、助教として再雇用、また、助教として任期5年が経過し、一度、助教として再雇用されております。

労働契約法の改正、研究開発力強化法の改正にともなう、無期転換権の問題について、2014年秋頃大学当局に確認したところ、
1.助教については、「2013年4月を起点として10年を超えない範囲で再雇用は1回のみ」とすることに運用を変更する。
2.これまでの旧規程は廃止し、新規程を整備する。
3.2014年秋時点で雇用されている助教については、2015年4月から新しく整備される新規定による契約に自動的に変更される。(変更に伴って、再契約等は行わない。自動的に新しい規程に移行する。)

ということが説明されました。このとき、我々は、説明は聞いたが、承諾はしないということを申し上げました。(録音済みです。)

その後、なんの説明等もなく、2015年4月に、「新規定による助教に任ずる」という通知書を渡されました。

お聞きしたいことは、以下の点です。

1.旧規程を廃止し、新規定を整備し、新しい規程に基づいて任用するということは、この新しい任用規程に基づいて契約書を交わす必要はないのでしょうか?こちらが承諾もしていない任用規程に自動的に移行するというのは正しいのでしょうか?

2.そもそも、2005年から雇用されている我々に対して、新たに、再雇用は1回のみという制限を設けるという変更はいわゆる「不利益変更」にあたるのではないでしょうか?合理的な理由は説明されておりません。また、給与が増額されるといったこともなく、ただ雇用回数制限の項目が追加されたのみの変更です。

3.もし、こちらで私に有利なご回答をいただけた場合、大学当局に対してアクションを起こすと、いくら「不利益に扱ってはならない」という建前があっても、私が将来的に、専任教員(任期なし)に雇用される道は閉ざされるでしょう。こういった不利益を回避しつつ大学当局に改善を求める方法はあるのでしょうか?
1.旧規程を廃止し、新規定を整備し、新しい規程に基づいて任用するということは、この新しい任用規程に基づいて契約書を交わす必要はないのでしょうか?こちらが承諾もしていない任用規程に自動的に移行するというのは正しいのでしょうか?

 契約書を交わす方が関係が明瞭となってよいでしょうが、口頭での合意も可能です。あなたが了解していないのであれば、拒否することも可能です。

2.そもそも、2005年から雇用されている我々に対して、新たに、再雇用は1回のみという制限を設けるという変更はいわゆる「不利益変更」にあたるのではないでしょうか?合理的な理由は説明されておりません。また、給与が増額されるといったこともなく、ただ雇用回数制限の項目が追加されたのみの変更です。

 5年任期で再雇用された際の条件であったという場合、不利益変更とはならないでしょうが、「5年任期、再雇用に関しては記載なしの規程に基づいて助教として2005年より11年間勤務して参りました。」という状況であるなら、不利益変更として同意がない限り変更は無効という考え方もできるでしょう。

3.もし、こちらで私に有利なご回答をいただけた場合、大学当局に対してアクションを起こすと、いくら「不利益に扱ってはならない」という建前があっても、私が将来的に、専任教員(任期なし)に雇用される道は閉ざされるでしょう。こういった不利益を回避しつつ大学当局に改善を求める方法はあるのでしょうか?

 事実上の不利益を回避する方法は、難しいですが、大学の意向を全て受け入れるか、それとも最寄りの弁護士に相談して事実上の不利益でも闘う姿勢を見せるか、あなたが弁護士乃至近親者らと相談して決めて下さい。
西田弁護士、ご回答ありがとうございました。疑問に思っていた点がクリアになりました。今回私は、なんらかのアクションを起こすと、事実上の不利益を回避することができないと判断し泣き寝入りすることにしました。こう言っては何ですが、法律をもってしても、我々非正規雇用者にとっては、なんの力にもならないということを改めて実感いたしました。

akihiko99さん
2016年01月18日 10時05分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ベストアンサー
ありがとう

2016年01月19日 09時05分

akihiko99 さん (質問者)

2016年01月22日 12時36分

この投稿は、2016年01月18日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では12,274名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 試行雇用契約について

    下記の場合に解約権留保付き契約とみなされるかどうかを教えて下さい。 従業員を新規採用するにあたり、求人サイト及び職業安定所の求人票に正社員募集:試用期間3ヶ月と記載 採用面接時には試行雇用契約であることを明らかにせず、入社時の契約の時点で研修期間は3ヶ月の有期雇用契約になりますと 説明し単なる有期雇用であること...

  • 有期契約職員への雇い止めについて

    独立行政法人に有期契約職員として連続して5年勤務する者です。毎年1月に雇用更新の業務連絡があり、1月31日までに面談で雇用更新の確認を行い、年度末までに手続きを完了します。雇用契約に、更新ありの者は、更新するか雇い止めとなるか、更新無しの者は、契約期間満了を確認するか、新たに新規雇用契約を結ぶことになります。 私...

  • 雇用契約書と就業規則との間に相違があり年収が入社後支給目安より明らかに少ない場合!

    雇用契約書には基本給、賞与、能力給(一般的な表現として歩合給)の記載がありました。入社後、賞与、能力給の支給計算方法が就業規則によって改定されていることを知りました。現在入社してちょうど1年が経過し、年収は雇用契約書の目安より80万円近く少なく、その差については賞与の計算方法、就業規則改定に伴う能力給の減額によるも...

  • 不当な試用期間の延長について

    今年1月20日に3ヶ月の試用期間があることに同意し法人営業職として入社しました。 試用期間は1ヶ月単位の有期雇用となり1ヶ月ごとに労働契約書を交わしています。 4月20日に試用期間満了となり正社員として本採用されるものと思っていたのですが 先日4月15日に総務の方から「試用期間を1ヶ月延長します。よろしいですか...

  • 就業規則の改竄

    約半年前から会社に対して就業規則の開示を求めてきました。 しかし、就業規則の一部しか開示されず、賃金の規定の部分に関しては全く応じようとしません。 労働基準監督署にも通報しましたが、指導をされても全く応じようとしません。 もう半年になります。 よほど見られたくない内容なのか、賃金規定が存在しないのか? 今...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。