脅迫罪で公訴が可能でしょうか。私が雇止めにされた状態で解雇権に損害を与えた人物が損害賠償を要求します

私はパートの軽作業で5年勤務して会社に勤めていました。
2014年4月1日 社長から契約が更新できないと言われて解雇通知書をもらいました。
2014年4月1日 解雇にされた日付 雇止め 期間従業員 私
後から離職票1 離職票2が送付されて離職理由が自己都合の扱いにされていました。
会社都合に変更するために解雇通知書と離職票2をハローワークに提出したところ、会社都合どころか失業保険の基本手当が受給できないと言われました。会社に事情を説明を求める行動を起こしましたが失業保険を不受給の扱いの対応を取る為に会社に損害賠償を求める裁判を起こすことに決めました。
会社を問い詰めたところ、失業保険(離職票1 離職票2)事業主でもない方が記入して失業保険を不受給にした事務をやっていた男性の名前を聞きました。私は怒りでハローワークや労基署に行って事務をやっていた男性の名前を公表しました。
その後に社長に解雇権に損害を与えられて解雇にされた理由で損害賠償を求める労働審判を起こしました。
労働審判終了後に解雇権に損害を与えた事務をやっていた男性が解雇にされました。
解雇 2014年 8月1日  解雇にされた日付 期間従業員 事務をやっていた男性
事務をやっていた男性は(解雇にされたのを私のせいにして私の名前を勝手に公表して社会的評価を下げて生活を困窮に追い込み生活をやっていけなくした)という名誉毀損 損害賠償請求を起こす裁判を起こされました。
何故、彼に解雇権に損害を与えれて解雇にされたのに私に損害賠償を求めるのですか?
私は不審に思いました。事務をやっていた男性が会社に解雇にされたのは自分のせいである。
それを私のせいにして損害賠償を求める裁判を起こすのは裁判自体が不法行為だと思いますが弁護士様はどう思いますか?理由は男性の名前をハローワークと労基署に公表して適時した理由で社会的な評価を下げて生活を困窮に追い込んだらしいです。
事務をやっていた男性も私も期間従業員です

2014年12月14日 23時42分

みんなの回答

相談者
解雇権に損害を与えられた人物
2014年4月1日 解雇にされた日付 雇止め 期間従業員 私
解雇権に損害を与えた人物
解雇 2014年 8月1日  解雇にされた日付 期間従業員 事務をやっていた男性
名誉棄損 損害賠償請求事件(解雇にされたのを私のせいにして私の名前を勝手に公表して社会的評価を下げて生活を困窮に追い込み生活をやっていけなくした)
彼が不当解雇で訴えるのは会社であり、筋違いの理由で私に損害賠償を要求する行為は脅迫罪になると思います。
脅迫罪:本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉または財産に対し,害を加えることを告知することによって成立する罪
彼が裁判を起こすのであれば脅迫罪で公訴可能でしょうか?
彼は事業主ではありませんし、単なる労働者に過ぎないです。


2014年12月14日 23時43分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>何故、彼に解雇権に損害を与えれて解雇にされたのに私に損害賠償を求めるのですか?

あなたのした行為を名誉毀損等の不法行為と捉えているのでしょう。
できなくはありません。

>それを私のせいにして損害賠償を求める裁判を起こすのは裁判自体が不法行為だと思いますが弁護士様はどう思いますか?

明らかに成立しないような訴訟を提起した場合には不法行為となる可能性がありますが、本件は絶対に成立しないような請求ではないため、不法行為とはならないと考えます。

2014年12月15日 06時34分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>彼が裁判を起こすのであれば脅迫罪で公訴可能でしょうか?

訴訟提起すること自体が脅迫罪になることはまずあり得ません。

そんなことになれば、誰も訴訟提起できなくなります。

このため、公訴はされないでしょう。

あなたは、訴訟の中でご自身の行動に問題がなかったことを示すべきであって、刑事事件に該当するような事情があるなどと主張しても、あなた自身の行動に問題がなかったことを示すことにはなりません。

2014年12月15日 06時35分

相談者
ご回答ありがとうございます。
弁護士様は不当提訴事件と言われているのですか?
趣意が異なる為にわかりかねます。
反訴状 損害賠償反訴請求事件 
※誰でも訴訟できるなら私の解雇権が損害を与えられた上に財産上の上での損害も確立します。相手側は民事裁判を起している解雇権に損害を与えた人物です。弁護士様は解雇権に損害を与えた人物の味方なのでしょうか?

2014年12月15日 06時56分

この投稿は、2014年12月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

会社が雇止めをできないケースl契約を更新してもらえない場合の対処法を解説

契約社員など、有期雇用の従業員が雇止めにあったような場合でも、契約が何度も更新されていたような状況があれば、会社の雇止めが認められずに、働き...

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

雇い止め・派遣切りの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。