1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解雇
  4. 懲戒解雇
  5. 契約社員の解雇ができるか?

公開日:

契約社員の解雇ができるか?

2019年06月19日
ベストアンサー
職場の契約社員の件です。勤務先が直接雇用している状態です。
ある契約社員(今後、Aとします。)半年ほど前から、Aは独り言を繰り返しぼやき、意味不明な言動を繰り返しています。
また、いきなり近くの席の他の社員を威嚇するような、言動をします。さらに、有給がなくなると、体調不良と言い訳して欠勤を繰り返しています。
このような状態のAに対し、下記対応は可能でしょうか?
1、勤務態度不良を理由に、産業医受診を命令できるか?
2、現状で解雇した場合、不当解雇に該当する危険性はあるか?
3、1と2を強制した場合、雇用主としてどのようなリスクが考えられるか?

以上、よろしくお願いいたします。
相談者(813126)の相談

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ありがとう
お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論としてご回答いたします。

1 可能です。関連規定も精査する必要があります。
2 解雇権濫用法理に照らした判断が必要です。いきなりの解雇は危険です。
3 2のリスクは、解雇無効になって、法的紛争になることです。

どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。良い解決になりますよう祈念しております。法令遵守をお願いいたします。


2019年06月19日 21時50分

相談者(813126)
ご回答ありがとうございます。

一般的に、社員を解雇するにあたり、雇用主側はどのような立証や対応が必要でしょうか?

現在、想定している対応は、次の通りです。
1、日々の不可解な言動を含めた勤務状況の記録
2、定期的な聞き取り面談を行い、弁明や改善を促す機会を設ける
3、欠勤状況を正確に記録する
4、産業医の面談させる
5、契約満了で更新なし、または解雇予告

2019年06月19日 22時10分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7
ベストアンサー
ありがとう
どれも検討に値します。本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。どうしても不安であれば弁護士等に、ネットではなく直接相談されるのが良いと思われます。よい解決になりますよう祈念しております。

2019年06月20日 15時51分

相談者(813126)
ご回答ありがとうございます。本相談について、検討してみます。

2019年06月21日 04時48分

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,194名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

従業員を解雇できるケースとは…業務妨害を予告、無断欠勤を繰り返す従業員のケースをもとに解説【弁護士Q&A】

業務を妨害することを予告したり、職場の人間関係を理由に無断欠勤を繰り返したりする従業員を解雇することはできるのでしょうか。また、解雇した理由...

【人事労務担当者向け】無断欠勤を繰り返す従業員を解雇する要件とプロセス

無断欠勤を繰り返しているという理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、無断欠勤を繰り返す...

従業員が犯罪行為をしたとき逮捕段階で懲戒解雇にすることはできるか【弁護士Q&A】

従業員を懲戒解雇処分にできるのは、どのような事情がある場合なのでしょうか。飲酒運転、ストーカー行為、職場内での窃盗行為などは懲戒解雇の理由に...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

懲戒解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。