不当な懲戒解雇について

会社都合の解雇で解雇日から3日前に通知されたので解雇予告手当を請求したところ、
懲戒解雇に変更するので手当は支払ないと意思表示されました。

先月の27日に、今年の3月から勤務していた会社から30日付けで会社都合で解雇にするという文書が届きました。
会社は建築業を営んでいたのですが最近全く仕事もなく業者からの請求にも資金が回っていない状態だったので
会社都合の解雇であれば納得がいきましたが、解雇予告手当の話は一切記載されていませんでした。

労働基準監督署へ相談したところ27日分の手当の支払請求の書面を会社に送ってくださいと言われたので
その日にいただいた例文を参考に書面をつくり会社へ簡易書留で郵送しました。

その数日後、通告書という題で懲戒解雇に変更するので予告手当は払わないという文書が返ってきました。

懲戒解雇の理由は、勤務時間中に自己の検定の勉強をしていたことと記載がありました。

3月に私が入社した時から仕事がほとんどなく、空いた時間に今年を受ける予定の検定の勉強をしていました。
もちろん仕事がある場合はきちんとこなしておりましたし、勉強をしていることは社長も知っており
注意をうけたことは一度もありませんでした。又、その資格は職種に全く関係ないものではなく、私なりに
この資格もあったほうがいいなと思い勉強していたもので、面接時に今年受験する旨も記載していました。

また、社長が入院したり、忙しい時に事務所に居られては困る(業者の請求から逃れるため)とのことで11月は
半分近く自宅待機を命じられておりました。

その自宅待機の理由も、私の業務態度がなっていないためしかたなく自宅待機にしたの反省の色も見られなかった
と書いてありました。自宅待機を命じられた際そのような事は一言もおっしゃっておりませんでした。
今更このように理由を後付されて懲戒解雇にされても全く納得いきません。

3月に私が入社してから今まで2人解雇になり、11月まで社長以外の従業員は私しかおりませんでした。
2人の解雇も私からしたらかなり不当で、本人たちも不満に思っている様です。

今労働基準監督署に手当の件を指導していただくようにしていますが、手当や懲戒解雇に対し会社が
訂正する姿勢がなければ簡易裁判を考えております。弁護士さんの立場から見て私と会社どちらに勝算があると思われますか。
2014年12月11日 20時22分

みんなの回答

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
ありがとう
ご質問者がお書きになっておられることを前提とすると、懲戒解雇の無効が認められる可能性は相当程度あると思います。

問題は証拠ですが、社長とご質問者の言い分が食い違うことになると予想されますので、先に辞めさせられたお二人の協力(社長の供述が信用できないこと)が重要です。

また裁判に勝っても回収できるかどうかは問題ですのでこの点もお考えになってみてください。

2014年12月11日 20時35分

相談者
早速の回答ありがとうございます。
社長は平気で業者さんからの請求を無視し、法人税も1年間滞納したり、お客様と裁判になったりめちゃくちゃな人でした。

失業保険について追加でお聞きしたいです。
まだ離職票が届いておりませんが、本日失業保険の給付について聞きに行ってまいりました。
解雇予告通知で仮受給できるとのことでしたが、会社が離職票の重責解雇にチェックを入れてきた場合、紛争の意思がある場合でも懲戒解雇扱いになり受給は3か月遅れてしまうのでしょうか。
あまりにも突然の解雇でしたので、貯金もなく来月の生活費も足りていない状態です。

労働基準監督署に言われ、懲戒解雇に納得がいかないという書面を会社に送りました。その返事は返ってきていません。

2014年12月11日 20時51分

鎌田 智
鎌田 智 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
重責解雇とされた場合、受給が遅れる可能性があります。

しかしこれを覆すのは容易ではないと思います。
解雇理由が事実と違うということを説明し、それが受け入れられず不利な決定がされた場合には、審査請求ができるので、その方法をハローワークにお聞きになって、お手続きされてみるのは一つの方法です。
ただ重責が「ないこと」を証明するのはなかなか容易ではないと思われるからです。
また審査している間に時間がかかってしまいます。

そこでもう一つの有効な方法は、会社に対して解雇予告手当を請求する労働審判を起こすことです。
方法は裁判所のホームページにも載っているかと思いますので、ご検討されてみてはいかがでしょうか。
労働審判の手続きの中で話し合いを勧められることが一般的ですので、その際に離職理由の書き換えも要求すると良いでしょう。

2014年12月13日 09時00分

波多野 進
波多野 進 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
解雇予告手当の支払いを惜しんで懲戒解雇してくる仕様車は行っていて井戸鋳ます。この懲戒解雇が有効になる可能性は低いように思います。告知聴聞の機会は全くないように思われますし、事後的に突然懲戒解雇を言い出していること自体理由のなさを示していると思われます。解雇予告手当てを請求するのではなく、懲戒解雇無効であること、懲戒解雇後の賃金を請求すること、懲戒解雇自体が不法行為に該当するので損害賠償の対象となることなどを軸に戦うことが大切と考えます。いずれにせよ弁護士に相談して対応を検討なさるのがいいと思います。

2015年01月01日 01時06分

この投稿は、2014年12月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,827名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

解雇時に会社から支払われる「解雇予告手当」の金額の目安と請求する方法

会社から解雇を言い渡されて、それを受け入れようと考えている場合でも、一定の条件をみたすと、「解雇予告手当」というお金を会社から支払ってもらえ...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

この相談に近い法律相談

  • 解雇予告手当について

    この様な質問は初めてで文章がおかしいかもしれませんが宜しくお願いします。 7月初旬に仕事を電話において即日解雇(勤務年数約9年)されました。 理由は最近遅刻が多いです。 確かに多かったのですが注意・指導もなく突然でした、その後解雇通告書はもらっていません。 社長いわく懲戒解雇になるみたいな言いようでしたが働いてい...

  • 解雇と有期契約雇用の違いについて。これは解雇では無く、退職勧奨の扱いとなるのでしょうか?

    先日、会社代表者より「欠勤が多いから、うちではもう無理だから」と言われ退職しました。 解雇予告手当及び離職表の離職理由で争う形になりそうです。お力をお貸し下さい。 代表者より「うちではもう無理だから」と言われた際、同席していた役員が「今日でもいいし明日とかでもいいから」と言ってきたので、退職勧奨ではなく解雇の...

  • 【至急】解雇について

    2/1付入社、4/30付即日解雇されました。 求人票に試用期間3ヶ月とありましたが 入退社の激しい会社で すぐに辞められては困ると思ったのか 試用期間はない、と社長から口頭で言われ 催促してやっともらえた雇用契約書にも (他の事務員は提出無) 試用期間の記載はなく 「労働期間の定めなし」と書かれてありました。 その後経理...

  • 即日解雇を口頭で言い渡されました

    社長から電話(口頭)で即日解雇されました。「あなたは使いにくいから明日からもう来なくて良い」とのこと。1週間前の業務指示に対して反抗的な態度をとったことが気に入らなかったようです。 当方、平日8:00〜12:00のパート雇用で、雇用契約書は交わしていませんが、期間の定めなしで半年以上は勤務しておりました。勤務実態は、タ...

  • 解雇予告手当について

    会社都合により解雇を言い渡されました。 8月8日に口頭にて解雇の旨を伝えられました。同月いっぱいにて解雇との事ですが、会社に解雇予告手当てを請求しても良いのでしょうか? ご返答よろしくお願い致します。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

懲戒解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。