懲戒解雇について。強制わいせつ?

強制わいせつ?として懲戒解雇処分の通知がきました。

同僚女性と業務時間外に社外で夕食後
車で送る最中に胸に無理矢理触れたという理由から
社の上層部に申告され、懲戒解雇処分の通知が来ました。

事由には「常に品位を保ち会社の名誉を害し信用を傷つけるような事をしない」として
解雇通知書には記載されておりました。

今回、御相談させて頂きたいのは社からの懲戒処分などでなく
プライベート上での出来事であり、個人間で解決すべき問題である事と考え
懲戒解雇という処分が適切であるかどうかの意見を頂きたく投稿させてもらいました。

当然、同僚女性への脅迫や暴行などはしておらず
拒絶されてからは住まいまでの無事に送り届けました。
翌日も通常通り出社を確認しております。

もちろん、事に及んだことは反省しており
女性からも二度としないようにとの注意を直接受け
以降は触れていません。

果たして、社の信用を傷つけたとの規定事項に抵触される物なのかどうか
お聞かせ願えたら幸いに存じます。
2014年10月24日 19時01分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
>果たして、社の信用を傷つけたとの規定事項に抵触される物なのかどうか

本件は、社内の者との関係で生じたものであり、完全にプライベート上の出来事とまではいえないと考えます。

また、仮に、完全にプライベートといえるとしても、無理に胸を触ったということであれば、強制わいせつ罪が成立する行為であり、刑法犯にもなり得る行為であることを考えると、社の信用を傷つける行為と判断されることには一定の合理性があります。

社の信用を傷つけたかどうかを争うより、処分の妥当性を検討した方がいいかもしれません。

弁護士に直接相談されることをお勧めします。

2014年10月25日 07時11分

この投稿は、2014年10月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 解雇通知書について

    11月の最初に解雇を言い渡されました。 解雇の理由に関してよくわからない説明をされました。会社からは「明日から来なくてよい。解雇予告手当も出す。」ということで、その日以降会社には行っていません。 しかし、理由について納得できなかったので解雇通知書がほしいと言い、今日やっと手元に届きました。 中身を確認すると、『...

  • 解雇理由通知書の後に追加された会社の解雇理由

    解雇理由通知書の後に、会社側が解雇通告時に発行した解雇理由書に記していない新たな解雇理由を主張した場合には、 「後出し主張は、主張そのものが失当である」や「後出しが有効ならば、解雇理由通知書の意味や信用が無い」って感じで反論すれば良いのですか? また、実務では、どんな感じで後出し主張に対応されるのでしょうか?...

  • 解雇撤回の手順について!!

    事業主です。先ほど、従業員に解雇を口頭で告げ、解雇予告通知書は発行していません。解雇する正当事由が見当たらず不当解雇になるので、解雇撤回をしたいのですが、どのような手続きをすればよろしいでしょうか? 法律に関して詳しくないのでお答えよろしくお願いいたします。

  • 信用毀損罪の適用範囲について相談です。

    信用毀損罪について相談です。 少し長文になります。 未払い残業代で会社の社長と揉めた事で翌日付の解雇通知書を文書で当日出されてしまいました。 もう会社と全面対決するつもりです。不当解雇は許せません。 そこで会社側の不当な解雇に対して 個人で加入できる労働組合を通して解雇理由証明書の発行を会社側に要求し2週間...

  • 会社が普通解雇は過去の解雇事由を何度も使ってきます。

    私が勤務していた会社は就業規則がありません。 私は、以前会社より解雇通知を受けましたが、無効になりました。その後、再度、会社が前の解雇事由に、他の解雇事由を追加して、解雇できる理由があるので、解雇すると通知をしてきました。 懲戒解雇では、一事不再理の原則というのが適用され、以前の解雇事由は、後の解雇事由として使...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

懲戒解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。