有給休暇消化中に突然の懲戒解雇の連絡

今年の5月中旬に、現在所属している会社の対応にどうしても納得できない事があり、上司へ退職の旨を伝えました。その際の話し合いの席で、後任の担当者を探すので引継ぎが完了するであろう8月末の退職をお願いされましたので、後任の担当者が見付かるであろう8月末での退職を受け入れる換りに、こちらも残っている有給休暇を消化させて頂けるならば、ご協力しますという事で話が落ち着きました。

その後、6月に入ってから、様々な理由により、転職でなく独立の道を模索し、当時の代表取締役へ、独立しても構わないか口頭で確認したところ、問題ないとのお言葉を頂いたため、7月に起業できるよう設立準備を整えて参りました。また、独立のお話を当時の代表取締役へ確認した際に、同業での独立のため、同じ取引先への営業を行う旨、更に積極的な引き抜きはしないが自分に着いていきたいと申し出た社員に対して、受け入れる旨もお伝えし、こちらについても同意を得ていたのですが、7月に入ると代表取締役が代替えとなりました。

私としては、同業での独立が問題ないか確認した6月の時点で、当時の代表取締役より許可を得ていたので、改めて代表へ就任した新しい社長へ同じ内容で確認することなく、先月末で無事に後任の引継ぎも終了したため、有給休暇を消化しながら、新たに立ち上げた会社の営業を行っていたところ、本日、急に現在の代表取締役から呼び出され、有給休暇中はまだ会社へ所属している身分であるため、私の行っている行為が背任行為に該当し、懲戒解雇処分を検討していると伝えられました。

会社の就業規則の服務規程欄に、「許可なく他の会社等の業務に従事したり、自ら事業を営んだりしない事」と記載されておりますが、上記で述べました通り、退職を通知した当時の代表取締役から”許可”を得ての自ら事業を営んでおりますし、懲戒解雇事項に該当する事はないと思っているのですが、これは背任行為に該当し、懲戒解雇処分を受け、解雇予告手当もなしで、更に損害賠償請求の事由となりえますでしょうか。

お手数お掛け致しますが、労働争議にお詳しい先生からのご連絡をお待ちしております。
2014年08月19日 01時13分

みんなの回答

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
ありがとう
代表取締役から営業について同意を得ていれば問題ないと思われます。代表取締役の交代は会社側の事情に過ぎないので関係ありません。

ですので、もし仮に懲戒解雇処分を受けたとしたら不当として何らかの責任を会社に追及することになるかもしれませんが、また懲戒解雇と決まったわけではないようなので、この点は会社側の対応を見極めた方が良いと思います。

2014年08月19日 01時33分

相談者
高橋先生

夜分遅くにも拘らず、ご丁寧な回答下さり、誠に有難うございます。ご指摘頂きました通り、会社側はこちらの出方を伺っている様子でしたので、懲戒解雇の件も損害賠償の件も、先方からのアクションにより、こちらも次の出方を選びたいと思います。

2014年08月19日 01時41分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
これは背任行為に該当し、懲戒解雇処分を受け、解雇予告手当もなしで、更に損害賠償請求の事由となりえますでしょうか。

これまで相談者が都度会社に相談をして会社の同意をもらって行動しているわけですから,プロセスを踏まえておりますし,会社の利益に配慮していると思います。それをいきなり代表が変わったからといって,背任だとか解雇事由があるとか,言われる根拠はないと思います。
そうですね。とりあえず,待ちの姿勢でよいと思われます。
逆にこれから独立される業務については粛々と進めていかれてください。

2014年08月19日 02時13分

相談者
有難うございます。

昨日の出来事まで円満退社だと思っていたので、ショックのせいか食欲が湧きません。とはいえ、此方がなにかアクションを起こして解決する問題ではないと思われますので、先方の出方を待つしかないのですね。

独立した事業を、前職の会社で新規立ち上げし、私なりに会社に貢献したつもりでいたので、最後の最後にこんな形になってしまっている事が残念でなりません。

ただ、身に降り掛かるトラブルは振り払わなければならないため、今後も、気力を振り絞り、対応していきたいと思います。

2014年08月19日 12時31分

この投稿は、2014年08月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

【弁護士Q&A】在職中の起業は解雇理由に?同業で起業するリスクも解説

会社に在職している間に、自分の会社を起業した場合、解雇などの処分を受ける可能性はあるのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://www.bengo4.com...

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

この相談に近い法律相談

  • 秘密保持契約についてお教えください

    わけあって3カ月未満(53日)勤務後前の会社を自己都合で退職し、 早期の退職という負い目もあり 退職の際に秘密保持契約書にサインしてしまいました。 契約書には ”競合関係に立つ事業者及び取引先企業に就職する行為を5年間行わない”との記載がありましたが 現在は退職後3か月ほどで 販売商品の一部が競合する会社を知り合いと...

  • 退職交渉時の強い引留めにおける対応方法を教えてください。

    現在、客先常駐エンジニアとして今年1月から新しい客先Aで業務を行っております。 (客先Aは2次請けの会社となり、当社は3次請けとなります。1か月毎の契約として常駐しております) 今月に入り転職先が決まったため、3月末退職を行いたい旨を自社へ交渉しに行く予定となりますが、 過去の傾向として、強い引留めがある場合があり円...

  • 試用期間での退職について

    求人内容と、雇用契約書の内容に容認しがたい偽り(普通残業手当と深夜残業手当が職務手当と営業手当に含まれており、どれだけ労働しても残業代が出ない等)があったため、試用期間満了に合わせて、退職をしようと検討しています。(雇用契約書には3か月の雇用期間の定めがありました。) 退職についての就業規則の一文に、「自己の...

  • 退職日までの有給消化について

    退職前の有給消化の可否についてのご相談です。 従業員数約30人程の小さな会社に1年6か月勤めております。経営者寄りの社労士が就業規則を操っていて、有給休暇は計画的付与のため、個人が自由に取得できるのは年間5日です。経営者に可愛いがられている年寄の労働者が労働組合の代表になっています。 また、有給休暇取得の申請は一...

  • 代表取締役就任時にリスクを回避する契約は可能でしょうか?

    創立まもない会社から代表取締役への就任を打診されています。現状の事業計画には無理が多く、自分が就任してもうまくいかない可能性が高いのですが他に引き受けてがおらずお鉢が回ってきました。 就任にあたり以下のことは可能でしょうか? 1.就任時に報酬の3〜6ヶ月程度の契約金を受取る(コピー機や事務所の保証人にならなけれ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

懲戒解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。