このパターンの処分はどの様なものになりますか。

公開日: 相談日:2021年04月24日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
お世話になっております。
今回、自分の弱さから、仕入れの先送りをしてしまいました。上司から指示をされたのもありますが、指示の証拠はありません。
それを続けてしまい、金額にして700万から850万くらいになり、利益もうまく出なくなりました。
そろそろ、会社より調査が入りそうです。

自分は中間管理職で、部門統括と、先輩が2名いる中小企業です。
主犯ではありませんが伝票が来ていないのをわかっていて処理しています。
横領、着服や架空計上、架空取引はしてはいません。

【質問1】
この場合、考えられる処分はどのようになりますか。
また、懲戒解雇なら自主退職か諭旨解雇まで、持っていくにはどうしたらいいでしょうか。
退職金返納や損害補填には応じるつもりです。

【質問2】
また、損害補填なら考えられる金額はいくらですか

1020695さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都3位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お悩みのことと存じます。お困りのことと存じます。詳しい事情がわからないので、一般論として回答はできるところだけ対応いたします。

    お気持ちはよくわかります。しかし、横領、着服や架空計上、架空取引はしてはいないとしても、悪質な事案とされる可能性はあります。

    質問1 ネットだけでの相談では正確な判断はできませんが、納得のいかないことは徹底的に解明しましょう! 重い処分をさけるに、法的問題にされるつもりがない場合は、正直に、実際の行動について報告をしてみては如何でしょうか?

    質問2 同上です。実害があれば、請求される可能性はあります。ただ、請求額通りが法的に認められるとは限らないです。本件は、法的に正確に分析すべき事案です。素人判断は大いに危険です。

    本相談は、ネットでのやりとりだけでは、正確な回答が難しい案件です。どうぞよろしくお願いいたします。

    気軽に、ということであれば(その場合も真剣な相談でお願いいたします)、労働局に相談されてもよいですが、なかなか正確な回答は難しいかもです。頑張りましょう。

    法的に正確に分析されたい場合には、労働法にかなり詳しく、上記に関連した法理等にも通じた弁護士等に相談し、証拠をもとにしながら具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

    不正確な法的判断で対応すると、不利な状況になる可能性もあります。弁護士への直接相談が良いと思います。なぜならば、法的にきちんと解明するために、良い知恵を得るには必要だからです。良い解決になりますよう祈念しております。


  • 弁護士ランキング
    東京都6位

    大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    この場合、考えられる処分はどのようになりますか。
    ⇒会社の金員や財産に手を付ける行為は非常に悪質性が高いと判断されるため、懲戒解雇となることが濃厚です。

    また、懲戒解雇なら自主退職か諭旨解雇まで、持っていくにはどうしたらいいでしょうか。
    退職金返納や損害補填には応じるつもりです。
    ⇒被害賠償のうえ、示談を締結し、懲戒解雇は避けてもらうこととなります。

    【質問2】
    また、損害補填なら考えられる金額はいくらですか
    ⇒法的には、不真正連帯債務といって、会社は、共犯者それぞれに、全額が請求できることとなります。
    そのため、理想としては、全額被害弁償されることです。
    しかし、全額弁償が難しい場合には、会社に報告し、示談交渉をする際に、ご自身が弁償できる最大限との兼ね合いで決めるべきです。

    お早めに弁護士にご相談すべきかと存じます。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから