年俸制 解雇予告について

公開日: 相談日:2021年02月09日
  • 1弁護士
  • 1回答

今年1月に、地方プロジェクトの担当として採用され転職しました。
しかし、先日会社都合にてプロジェクトが消滅したそうで、プロジェクト消滅のため3月末までの雇用は約束するが3月で解雇(その間残務がなければ出社もしなくて良いとの事で自宅待機を命じられました)、通常の給与とあわせ、退職金として3ヶ月分の給与を支払うと持ち掛けられました。

皆さんにご相談したいのは下記です。
採用通知書を確認しますと、給与は年俸制、雇用期間の定めなし(試用期間は6ヶ月)と記載があります。
会社都合での解雇の場合、年俸額またはそれ以上を会社に請求することは可能なのでしょうか。
採用通知書には年俸額の請求ができないような条項はありませんでした。

突然の解雇予告で日々眠れず、精神的ストレスを感じております。
会社の言う3ヶ月以上をどうにか支払わせたいのですが、この場合、何ヶ月分程度が適切なのでしょうか。ご教示ください。

996324さんの相談

回答タイムライン

  • 鈴木 祥平 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    Q1:採用通知書を確認しますと、給与は年俸制、雇用期間の定めなし(試用期間は6ヶ月)と記載があります。会社都合での解雇の場合、年俸額またはそれ以上を会社に請求することは可能なのでしょうか。採用通知書には年俸額の請求ができないような条項はありませんでした。突然の解雇予告で日々眠れず、精神的ストレスを感じております。会社の言う3ヶ月以上をどうにか支払わせたいのですが、この場合、何ヶ月分程度が適切なのでしょうか。ご教示ください。

    A1:まず、上記の場合には解雇通知というよりかは、退職勧奨ということになるかと思います。「3か月分の給与を払うから任意にやめてくれないか」というものです。ですから、応じるつもりがない場合には応じる必要はありません。

    仮に、解雇をする場合には、上記事情では、解雇事由が満たされないので、解雇されたとしても無効であるということになると思います。その場合には、労働審判を起こせば6か月から1年分の解決金を支払ってもらうことが可能だと思います。ですから、交渉上は、1年分を要求してもよいかと思われますが、会社側としては、素直に応じるとは思われません。交渉で話をつけたいのであれば、ある程度のところで会社側と合意の上で金額を決めるのがいいと思います。3か月以上の請求をしてもいいとは思いますが、相手方が応じなければ、合意ではやめないという強い意思を会社側に示すべきだと思います。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから