労働契約法17条について

派遣会社A社から派遣先B工業に3ヶ月契約で派遣されました

ところが、派遣先B工業からに従事10日後 派遣先B工業から、派遣会社A社に私の派遣契約途中解除を申し出たらしく、結果、就労10日で契約途中解除  派遣会社A社は他紹介する会社はないとの事

派遣会社A社から送られた給料明細には、労働日数10日分の給料と、なぜか解雇予告手当 1か月分

契約途中解除だから、3ヶ月分の給料ー10日分はらってほしいと派遣会社A社は「払わん」だけの返答

たしかに私が派遣契約をむすんでいるのは、派遣会社A社
しかし、私をわずか10日でいらないと申し出たのは派遣先B工業

労働契約法 第十七条 使用者は、期間の定めのある労働契約について、やむを得ない事由がある場合でなければ、その契約期間が満了するまでの間において、労働者を解雇することができない   とありますが

この場合、「10日で辞めさせた事」の訴え、また、労働契約法17条について訴えるべきは、派遣会社A社か派遣先工業B社どちらにすべきでしょうか
2017年06月20日 04時41分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2
ありがとう
> この場合、「10日で辞めさせた事」の訴え、また、労働契約法17条について訴えるべきは、派遣会社A社か派遣先工業B社どちらにすべきでしょうか

 派遣契約が終了となった以上労働者に辞めて貰うのはやむをえないとなるでしょう。どちらも訴えられないでしょう。

2017年06月20日 06時31分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
あなたが契約しているのはA社ですから、訴えるとすればA社です。

あなたはA社から解雇されたことになっていますので、その解雇の有効性について検討する必要があります。
他の会社への派遣が可能だったのにこれをしなかったなどの事情があるなら、解雇無効を主張して、3か月分の賃金を請求できるでしょう。

ただし、解雇予告手当分の金銭は差し引かれますので実質は2か月分ですし、時間や手間からすると、ペイするのかは微妙なところですから、慎重に検討されてください。

2017年06月20日 06時40分

この投稿は、2017年06月20日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

解雇時に会社から支払われる「解雇予告手当」の金額の目安と請求する方法

会社から解雇を言い渡されて、それを受け入れようと考えている場合でも、一定の条件をみたすと、「解雇予告手当」というお金を会社から支払ってもらえ...

この相談に近い法律相談

  • 有期派遣社員の雇用対応

    弊社に派遣されている有期派遣社員の方が7月に契約期間が3年となります。 派遣法で3年経った方に対し、直接雇用の申し入れの義務がありますが、労働条件に付き、期間の定めのある契約社員という条件で申し入れても問題ありませんか? それとも、期間の定めのない正社員という条件でなければなりませんか? ご教示をお願いいたし...

  • 失業保険について

    グループ会社の子会社にて契約社員として3年勤め、 今年、親会社への派遣社員になりました。 その場合の契約満了を教えて貰いたいです。 現在、退職を考えているのですが、 失業保険の部分で、3年以上更新した契約社員として社員と同じ、自己都合の退職者として扱われるのでしょうか? 子会社の契約社員として22年の4月に...

  • 私の働く派遣先会社、変です。

    今、派遣社員として働いてます。私の働く派遣先会社、ちょっと変です。 2013年3月度の時間外時間が60時間ありました。 で5月の作業計画では、3月度の1.5倍あると派遣先責任者から言われました。単純計算で時間外時間は60時間×1.5=90時間の見込です。 前職の正社員時代、残業は36協定があるので、月の途中...

  • 契約社員の今後について

    同じような質問がたくさんあるかと思いますが、宜しくお願いします。 私は、大手食品メーカーに2003年に派遣社員として入社しました。その時の雇用状態は派遣会社の保険や年金に加入しています。その後、2008年にグループ会社の直接雇用となり、3年の契約社員(1年更新)となりました。3年経過直前に同じ社内で部署を移動...

  • 契約更新の翌日、雇い止めの通告。

    派遣労働者です。政令4条1項15号にあたる業務で派遣会社と契約し、派遣先に勤務しています。 先日、3ヵ月の派遣延長ということで、派遣会社と契約書を交わしたのですが、その翌日、派遣先都合により今月末で解雇、ということになってしまいました。 その理由を聞いてみたところ、来月からの予算削減により、派遣契約業務のみを私...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇予告手当の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。