退職勧告に関しての、会社側への対応や、お金について

部署消滅のため、退職して欲しいと言われました。

あくまでも会社都合での退職で、退職の具体的な日程は決まってないと話をされる。
他の部署への転属もないとのこと。
私は、退社の意思を明確にしていません。
経済的な不安があり、当面の生活する経済的余裕があれば、
退職にしたがっても、構わないと思っています。

この場合、
• 解決金などの金額面での合意を図ることは出来るのでしょうか?

• 金額の平均とかはあるのでしょうか?

• 現段階で、会社都合と口頭で言われていますが、会社側が懲戒解雇など一方的に辞めさせることは出来るのでしょうか?
2018年05月07日 18時40分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> • 解決金などの金額面での合意を図ることは出来るのでしょうか?
>

可能です。

> • 金額の平均とかはあるのでしょうか?
>

年収の3分の1から半年分が多いと思います。

> • 現段階で、会社都合と口頭で言われていますが、会社側が懲戒解雇など一方的に辞めさせることは出来るのでしょうか?

懲戒解雇事由がなければ、懲戒解雇として一方的に辞めさせることはできません。

2018年05月07日 22時07分

この投稿は、2018年05月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,794名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

この相談に近い法律相談

  • 退職金・時期の交渉

    転職の際に、会社都合で私の都合の良い時期に辞めることができるか、退職金の交渉はできるかの相談です。 現在の職場で、上司のパワハラ(言葉による暴力。雇用不安を煽る等。)を受けてきました。 これを是正する為に、上司には勿論、コンプライアンス窓口や人事部に働きかけてきました。 人事部は、当初、会社都合退職(退職金あ...

  • 正当な理由のある自己都合退職に該当するか否か。

    会社を退職することになりそうなのですが、私のケースは『正当な理由のある自己都合退職』に当たりますでしょうか。 先日社長に呼び出され、直の上司(年の近い女性)の立会いのもと、私の能力不足による解雇を考えていると言われました。 あと少し様子を見て改善がなければ解雇する、これは最後通牒だ、とのこと。私も家庭の事情で...

  • 離職表の会社都合退職という扱いの有効性は?

    私は会社側の人間ですが、ある従業員が会社と揉めて、退職してもらうことになりました。 退職勧告をしましたが「受け入れない」と拒否され、その後話し合いを重ねて、 「離職表を会社都合退職にするなら、退職に応じる」との話になりました。 お聞きしたいことは 1.実際には辞めてもらうための手段として会社都合退職に応じる...

  • ある社員の退職の事例

    ある社員が雑談の中で前職を辞めた理由を次のように話したのを聞きました。 会社の不正を知ってその後会社から退職を促された社員が、条件として「会社都合での退職」と「退職金」として就業規則での規定を遥かに上回るの退職金を支払うことを会社側に要求し、会社がそれを全部呑んで退職したとのことですが、これはこの社員は恐喝罪に...

  • 自己都合退職について。すんなりあきらめるべきですよね?

    会社を自己都合退職しました。ただし退職条件の話し合いの 場で現場のTOPの人間(社員30人ほどの小さな会社です。 その人間は自身を雇用した人間であり、社長直轄の立場です )から、1ヶ月の在籍猶予を与え、給与保証をしてあげると いわれたのですが(書面確約および音声録音はありません)、 会社の管理側セクションの人間より、規...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。