会社都合なのに退職願を書かないといけませんか?

臨時社員です。今月末でリストラされます。約七年程働きました。会社都合の事業縮小による解雇と言われてます。三カ月毎に契約更新します。契約期間満了でも退職願の提出を指示されました。
書く必要があるのでしょうか?書かないと私に何か不都合が生じますか?
2018年03月19日 22時47分

みんなの回答

畠山 晃
畠山 晃 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 契約期間満了でも退職願の提出を指示されました。
> 書く必要があるのでしょうか?書かないと私に何か不都合が生じますか?
→書く義務はありません。事案にもよると思われますが、通常は書かなくても不都合はないと思われます。具体的な事情等で、具体的な状況に照らした分析等をされたい場合には、具体的に弁護士に相談されるのが良いと思われます。

2018年03月19日 23時03分

佐久間 玄任 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
退職願というのは,労働契約の解除を会社に対して願い出るものですから,もともと自己都合の退職の時に書くものです。会社都合の解雇の場合に書くものではありません。退職願を書く必要はありません。

もし,会社都合の解雇を受け入れるためになんらかの書類が必要になるとは思いますが,「一身上の都合」などの自己都合を意味する言葉は書かないように気をつけてください。

また,会社都合の解雇と言うことは,同じように解雇される人が他にもいるはずです。可能であれば他の人も同じ手続を踏んでいるのかを確認するようにしてください。

2018年03月20日 01時14分

この投稿は、2018年03月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

この相談に近い法律相談

  • 退職理由について

     ある株式会社を退職しました。ハローワークで失業届を出した際に、雇用保険には自己都合の退社となっていたため、ハローワークに会社都合で異議申し立てしましたが、結果退職理由は覆りませんでした。  以下の状況で退職後に労働契約を入社したときの日付で結んでしまったのですが、もう退職理由を覆すことは困難でしょうか? ...

  • 契約社員で自己都合退職で離職区分3C~3Dは自らハローワークに行って離職区分させる間違いありませんか

    契約社員で離職区分について理解していないことが多いです。 会社を自分で進んで辞める(自己都合退職する)場合は退職届・退職願を提出します。 おそらく会社から離職票1 離職票2(自己都合)で自宅に送られてきます。 離職区分は決まっていないはずです。 ハローワークに離職区分決定権があるはずです。 しかし、ハローワーク...

  • 雇用保険についてはハローワークの職員に聞くべきでしょうか?

    契約社員で離職区分について理解していないことが多いです。 会社を自分で進んで辞める(自己都合退職する)場合は退職届・退職願を提出します。 おそらく会社から離職票1 離職票2(自己都合)で自宅に送られてきます。 離職区分は決まっていないはずです。 ハローワークに離職区分決定権があるはずです。 しかし、ハローワー...

  • ハローワークの職員に聞くべきでしょうか?

    契約社員で離職区分について理解していないことが多いです。 会社を自分で進んで辞める(自己都合退職する)場合は退職届・退職願を提出します。 おそらく会社から離職票1 離職票2(自己都合)で自宅に送られてきます。 離職区分は決まっていないはずです。 ハローワークに離職区分決定権があるはずです。 しかし、ハローワー...

  • 契約社員で自己都合退職で離職区分3C~3Dは自らハローワークに行って離職区分させる間違いありませんか

    契約社員で離職区分について理解していないことが多いです。 会社を自分で進んで辞める(自己都合退職する)場合は退職届・退職願を提出します。 おそらく会社から離職票1 離職票2(自己都合)で自宅に送られてきます。 離職区分は決まっていないはずです。 ハローワークに離職区分決定権があるはずです。 しかし、ハローワ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。