雇用契約書の解除について

会社のリストラ通知を貰って悩んでおります。一点を教えていただきたいです。
正社員で入社して会社とは期限のない雇用契約書を交わしていますが、
契約書に互いに30日前に通知すれば契約を解除できると書かれています。
この場合、30日前に解雇を通知されたら、正当な理由がなくても解雇が確定となるのでしょうか?
2018年01月28日 11時53分

みんなの回答

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう
無効な解雇は、あとで、裁判等で争うことになります。無効な解雇でも、法的には効力が発生=労働契約が終了する いたします。

法的責任をきちんと追及されたい場合には、労働法にかなり詳しく、解雇法理(整理解雇法理、解雇権濫用法理)にも通じた弁護士に、相談に行かれて、法的に正確に分析してもらい、今後の対応を検討するべきです。専門性の高い弁護士に相談し、具体的な話をなさった上で、今後の対応を検討するべきです。

2018年01月28日 12時05分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
契約書にそういった記載があったとしても、労働契約法が適用されますので、客観的に合理的な理由のない解雇は出来ません。弁護士の面談相談に行かれることをお勧めします。

※労働契約法
(解雇)
第十六条 解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。

2018年01月28日 14時10分

相談者
迅速なご回答をありがとうございます。
労働契約法が雇用契約書に優先すると分かって、少し安心しました。

藤川先生のご回答では、無効な解雇でも、法的には効力が発生=労働契約が終了すると書かれましたが、労働契約の終了は裁判の結果により、労働契約が継続され、職場復帰も可能との理解でよろしいでしょうか?

これから弁護士にも相談させていただきます。

2018年01月28日 14時33分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 労働問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
藤川弁護士の回答はやや不正確だと思います。
無効な解雇であれば、解雇の効力は生じません。

ただ、相手方から労働契約の終了と以後の労務提供の拒否が示されていますので、仮に解雇が有効であるとすれば相手方は賃金支払義務を負わないことになります。そこで、あなたから解雇が無効であることと賃金請求をしなければ、事実上解雇が有効なように扱われてしまいます。また、長期間経過後に解雇無効を争うと、解雇を受け入れたということにされたり、解雇を争う姿勢を見せるまでは労務提供の意思が示されていないのでその間の賃金請求は出来ない、ということになりえます。

2018年01月28日 14時40分

藤川 久昭
藤川 久昭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3
ありがとう
鐘ヶ江先生のご回答は、理論的なご説明にとどまっています。実際は、無効な解雇であっても、一旦されてしまえば、例えば、「無効な解雇だから、私は働けるんだ」と主張して、会社にとどまることはできない、ということです。解雇の効力をとめる、否定するには、解雇無効の訴訟等を起こす(仮処分申請も含む)しかないということです。

> 労働契約の終了は裁判の結果により、労働契約が継続され、職場復帰も可能との理解でよろしいでしょうか?
はい、その通りです。解雇されたら、無効な解雇であっても、雇用関係、社会保険関係等が一旦終了しますが、無効となれば、労働契約上の地位が、「遡って」確認され、賃金請求も認められますし、職場復帰も可能です。

ただ、就労請求権は原則ないので、元通り仕事をさせてもらえるかどうかは別問題です。解雇無効でも、元の仕事に戻させないような「いやがらせ」をして、何度も訴訟が繰り返されるという事案が実際あります(ゴールドマリタイム事件等)。

2018年01月28日 15時04分

相談者
お二方の追加ご説明をありがとうございます。
大変勉強になりました。

一旦解雇されてしまえば、もう訴訟で争うしか方法がありませんね。
そうしたら、職場復帰も現実的に不可能となります。

解雇になる前に会社と交渉して、解雇を思い留まらせたいものですね。
方法について弁護士さんと相談させていただきます。



2018年01月28日 16時43分

この投稿は、2018年01月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,710名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

この相談に近い法律相談

  • 有期雇用契約

    日正規雇用職員は毎年一年事の有期雇用契約を結びますが 契約満了により期日が来ると雇用が切れるわけですが この契約に関して 会社側からの来期の雇用契約がない場合は解雇予告通知… 自らの意思で来期の雇用契約は結ばない場合は退職願い…と言う物が必ず必要になるのでしょうか?

  • 雇用契約解除予告通知書

    雇用契約解除予告通知書に、記入しました。今月いっぱいで、状況によって書いてありますが、解雇ですか。この間、続けてもらうような事言って来ました。多分人材がいないからだと思います。普通解雇になるのでしょうか

  • アルバイトの解雇と解雇予告手当てについて

    解雇予告手当ての支払い日数は雇用契約書で変更することが可能なのでしょうか? アルバイトしている会社で部署ごと即日解雇を言い渡されました。 解雇予告手当を支払うと会社側は言っていますが、人によって日数がバラバラです。 ・解雇通知は30日以上前に行うと契約書に明記 →30日分の解雇予告手当 ・解雇通知は1週間以上前...

  • 不当解雇で懲戒解雇と普通解雇

    上司のパワハラや同僚からのいじめが、あるにも関わらず、不当解雇し最初のはなしでは普通解雇で通告しいざ、解雇証明をハローワークに提出じになって、勝手に懲戒解雇証明にして、提出すされたのですが、懲戒解雇は裁判でくつがえる事はありますか? 残業代も会社の勝手な理由で一切払われていません。嘘ばかりの会社です。 入社時に...

  • 契約期間満了前の解除について

    業務委託契約で9月末まで会社と契約していますが、8/31に9末で更新なしと言われました。 契約書には、自己の都合により本契約を変更または解雇する時は期間満了前に書面で相手側に通告しなければならない。と記載されています。この場合、9/末での解雇は契約違反ではないでしょうか?私としては、10月末まで、もしくは年末までと要望...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。