労働問題依頼先(労働者側)選定について

持ち株比率の変更で外資過半となった途端会社から整理解雇を言い渡されました。
労働問題に強い弁護士さんに相談したいのですが、大手では労働者側、企業側双方扱っているようです。特に.comなどはサイトの仕様も全く同じ。
労働者問題に特化した弁護士さんに(特に外資を得意とする)依頼した方がいいのでしょうか?
2017年02月26日 06時40分

みんなの回答

湯本 良明
湯本 良明 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
整理解雇の事案は労働ではよく問題になりますので、労働問題を扱っている弁護士であれば問題なく処理できます。外資云々は整理解雇においてはそれほど問題にはならないでしょう。
参考にしてみてください。

2017年02月26日 07時29分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
> 労働者問題に特化した弁護士さんに(特に外資を得意とする)依頼した方がいいのでしょうか?

どちらでもよいかと思います。
主張や証拠は、相手の裏返しになるので。
むしろ、両方扱っている方が、相手の出方や内情もわかってよいのではないでしょうか。

2017年02月26日 09時45分

この投稿は、2017年02月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,808名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

不当解雇を争う手段 l 労働審判やあっせんの手続きの流れを詳しく解説

解雇に納得できず「不当解雇だ」と主張したいと考えても、復職を望む場合などは、いきなり裁判を起こして会社と対立することに抵抗がある人もいるでし...

この相談に近い法律相談

  • 整理解雇の4要件について…

    現在、相談中(2回済)の弁護士の見解ですと… 解雇回避の措置をまったく行わなくても、 指名解雇(選定)が不合理であっても、 協議もなく、一方的な解雇予告であっても、 現実に財務状況が悪ければ労働者に勝ち目はない。 証明するものがないと司法は労働弱者を救えない。 もし、不当解雇を主張するなら 従業員の昇給なし、賞...

  • 顧問弁護士の業務内容について

    顧問弁護士とは、あくまでその企業(法人)の代表である方についてだけ、法律相談等を受けていれば良いのでしょうか? 1.施設を運営しており、ご利用者家族からの苦情があっても表面上のアドバイスのみで、実際に訴訟等に発展した場合は、自分は担当しない。 2.理事長と職員間の雇用・労働問題等についても、片側(理事長)の意見...

  • 労働審判制度を利用したい

    労働審判制度を利用して解決を図る考えですが、個人での申請は難しいですか?また弁護士に依頼すると費用はどれほど必要になりますか?

  • 不当な役員就任による労働基準法違反疑いについて

    労働関係について質問です。 自社では、人事権や経営数値などを参照できないにも関わらず、残業代節約のためか役員として登記され、さらには業務委任も裁量権もなく、完全シフト労働を課せられている上に役員=勤務時間拘束がないにも関わらず、休みすぎると減俸などという暴挙が成り立っております。 これは完全に労働者としての...

  • 中小企業の社内統治の方法

    労働関連法規や判例知識について社内で詳しい人がいないようで、各部門長の合理性のない恣意的な業務命令や労働法規違反が氾濫しており安心して業務に専念できません。中小企業の場合、労働関連法規の知識は社内統治徹底のための教育までする機会がなく、総務や人事担当の個人的な学習努力で賄っているところが多いのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。