「うつ病」の休職でリストラされるのでしょうか?

私は42歳の独身会社員です。
もともとは大阪のドラッグストアに勤務していましたが、兵庫県の食品スーパーが
新規で医薬品売場を開設するということで転職しました。
現在の会社では転職して7年目になります。
慣れない環境もあり、最初の年に「高血圧緊急症」で入院し、3ヶ月休職しました。その直後に、
復帰した店での店長からパワハラが原因で「適応障害」という診断で1月休職しました。それ以降
は2年程、なんとかやってきたのですが、ほぼ毎年転居による転勤、新しい店への赴任という状況、
現在の店には昨年10月に赴任したのですが、すぐ2週間後に棚卸、その1月後に「業務監査」、
そして年末年始の繁忙期で精神・肉体ともに憔悴してしまい、地元の精神病院で診察してもらったところ
病名はうつ病、3ヶ月の休職、入院が必要」と言われました。僕は、過去にも休職経験があり、2度目のときに人事部面接
で「次はないよ・・」と警告されていましたので、先生に1ヶ月の休職にしてもらい、本日提出するつもり
でいます。が、これで、リストラされる可能性はあるのでしょうか?心配です。プロの専門家の方のご意見
アドバイスをご教授頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。
2017年01月12日 10時49分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都5 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
> 「次はないよ・・」と警告されていましたので、先生に1ヶ月の休職にしてもらい、本日提出するつもり
> でいます。が、これで、リストラされる可能性はあるのでしょうか?

労災ということであれば解雇制限規定があるので、解雇が有効になることはないでしょう。

(解雇制限)
第十九条  使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後三十日間並びに産前産後の女性が第六十五条の規定によつて休業する期間及びその後三十日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第八十一条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となつた場合においては、この限りでない。

2017年01月12日 11時25分

この投稿は、2017年01月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

この相談に近い法律相談

  • うつ病休職中ですが会社が4月25日迄に、復職を認める対策方法

    お世話になります。労働相談お願いします。 現在、うつ病で休職中で、4月25日自然退職期限です。昨年の6月より会社復職プログラム12月終了。 主治医診断書「復職可能」を人事部提出して、人事部も2度主治医病院で復職可能の面接を受けました。 今年1月~3月は、自宅待機を指示されましたが、人事部が精神障害者の対応が困難と言わ...

  • 懲戒にならないためには

    私は市民課職員です。 の身体をおして、本来なら数名の専任の特別チームを作ってするべきマイナンバーにかかる既存住記システム改修を、本来の住民記録事務を主任という肩書に負けない以上に、他の同僚以上に遂行しながら、それも、「超勤単価が高い」と言われ、時間中に納め続けて、たまにはサービス残業もしながら、独りで頑張ってい...

  • 病欠とパワハラによる解雇の場合、法的対処方法をお教え下さい

    現在、頸椎狭窄症(病歴10年)で手足のしびれや頭痛、血圧の上昇下降などの症状が酷くなり、この三か月で毎週1回程度休みを頂いております。(その都度、管掌役員には連絡し、許可を頂いております)職業は、IT企業の部長職であり会社の株主です。休みが多くなっても職務として売上・利益貢献は、社内で一番でます。また、会社の売...

  • 労働災害の認定について

    私は、某鉄道会社に勤めています。 2005年の10月より「鬱病」、現在は「躁鬱病」として診断を受けています。 病気が発症以来、約9年間。症状が一進一退し、体調の悪いときには6ヶ月程度の休業にて入院しました。 鬱病の発症原因は、会社でのパワーハラスメントと動労基準法を大幅に超過する月200時間におよぶ残業が4ヶ月...

  • 過去の通院歴がうつ病休業補償に影響するか。

    会社からの嫌がらせ(不当配転、上司のパワハラ)のせいでうつ病を発病し、現在一年半ほど休職しています。 不当配転は「配転無効」を求めて提訴しており、付随してパワハラの損害賠償請求もしています。 新たに、休職に対する損害賠償賠償請求を追加したところ、会社側が、「過去に心療内科への通院歴があるので、休職の原因は配転や...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。