日本に在籍する外国人のヨーロッパ旅行について

私は日本に留学している中国人です。学校の生協でヨーロッパ旅行を申し込みました。行き先はイタリアとフランスで、ビザも順調に取れました。出発は2月の27日です。2月8日(金)に旅行会社からイタリアに行くのに、航空券はイギリスのロンドンでトランジットになるっていうことを伝えました。中国籍はイギリスでトランジットするには、トランジットビザが必要になり、イギリス大使館を聞いたところ、(2月9、10、11は連休のため、12日に聞きました)大使館の人に12日の時点で27日までにトランジットを取ることが難しいと言われました。旅行会社に伝えたら、それは私(外国人)本人の責任になると言いました。私は旅行会社からもらった日程表ではアムステルダム経由の便が書いてありましたので、自分は2月8日までイギリス経由便ということがまったく分らない状況でした。しかも、イギリストランジットビザを申請するには出発に全然間に合わないです。旅行会社から、他の便を予約するが、高くなる費用は本人の負担になるって言われました。
私は日本のことが大好きで、ずっと日本のサービス業が素晴らしいと思いました。今回はとても悲しいです。日○旅行は大きい会社なのに、会社の責任もあると認めないどころが、全部お客さんのせいにするのにがっかりします。もし、早くイギリス経由の便に変更することを教えていただければ、イギリストランジットビザに取るのに間に合うのに。。。全部お客さんの責任にするのがひどいと思います。
今はもし旅行をキャンセルすると、5万円ぐらいかかります。それに、保険、ビザ申請料金は1万5千円ぐらいです。
この結果になるのが本当に全部私の責任なのでしょうか。
私は旅行をキャンセルしたくないので、高くなる費用は私が負担しなければならないのでしょうか?
旅行会社とどうやって交渉すればいいのでしょうか?
2013年02月14日 13時14分

みんなの回答

相談者
私はずっと日本のことを好きでいたいので、皆さん、どうか、解決方法を教えてください。ここで、深くお礼を申し上げます。よろしくお願いいたします。

2013年02月14日 13時16分

鐘ケ江 啓司
鐘ケ江 啓司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県1 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
現状回答がついていないことからわかるように,ネットでの回答は困難な事案です。

このような相談を弁護士が法律相談で受けた場合,まずは約款を確認します。そして,経由地の変更についての規定が存在するか,存在するとしてどのような内容になっているかを確認します。

その上で,経由地の変更に関する規定がなければ(大手ということなので規定はありそうですが),契約内容の変更により費用が増加することや,場合によっては旅行を取りやめざるを得なくなることについて,旅行会社側に責任を問えるかどうかということを文献や裁判例を調査して検討します。

仮に,経由地の変更による損害が生じても責任を負わないという規定になっていれば,そのような規定が消費者契約法に照らして有効かといったことをこれまた調査いたします。

その上で,会社に責任が問えるとなれば根拠を示してアドバイスをするなり,あるいは代理人として行動をするといった流れになります。

このように,会社側に請求出来るかというのは約款と,あなたが契約するまでの経緯などを踏まえた上での総合判断になり,かつ,交渉も一筋縄では行きません。そういったことが,今まで回答がついていない原因と思われます。

まだ旅行の日まで時間がありますので,お近くの弁護士会がされている法律相談センターや,無料相談をご希望であれば外国人向けの相談会がされていることもありますので,そういった相談会に行って直接相談するのが良いと思います。

2013年02月23日 00時07分

この投稿は、2013年02月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

リストラが無効になるケースと労働者がリストラを争う方法

業績悪化などを理由に突然会社からリストラされてしまったようなとき、「会社がつぶれそうなら仕方ない」と受け入れてしまう人もいるかもしれません。...

「リストラ」に納得できない…解雇が「無効」になる場合と対処法

業績悪化などを理由に突然おこなわれるリストラ(整理解雇)。理不尽だと思う一方、「会社がつぶれそうなら仕方ないかも・・・」と受け入れてしまう人...

【弁護士Q&A】店舗閉鎖や事業廃止を理由とするリストラは有効か

会社の経営状態が悪化してリストラを告げられた場合、従う必要はあるのでしょうか。この記事では、「店舗閉鎖によるリストラ」「事業廃止によるリスト...

この相談に近い法律相談

  • テレコムサービス協会のガイドラインについて

    インターネット上の名誉毀損やプライバシー侵害等についてのテレコムサービス協会のガイドラインは、法曹三者も参考にすることが多いものなのでしょうか? http://www.telesa.or.jp/guideline/

  • ファンクラブの契約不履行について

    現在ファンクラブの会員ですが、アーティストさんは活動休止中です。 ですがファンクラブは会費もかかる形で存続しています。 そのアーティストさんが休業するにあたり、ファンクラブでポイント制度というものができました。 グッズの購入や入会・継続、ブログへのコメント送信などでポイントを貯め、4月1日の時点でのポイント数に...

  • オーストラリアとニュージーランド

    以前、オーストラリアで入国拒否されました。 理由はおそらく不法就労の疑いで、入国できませんでした。3年くらい前です。 今回ニュージーランドに旅行へ行きたいのですが、パスポートに以前のキャンセルスタンプが残っています。5日間だけ観光、友達に会うのは許されますか?

  • デザインの盗作について

    まずこちらの絵を見ていただけますでしょうか。 http://roro0122.web.fc2.com/tousaku/5.jpg http://roro0122.web.fc2.com/tousaku/4.jpg http://roro0122.web.fc2.com/tousaku/3.jpg http://roro0122.web.fc2.com/tousaku/2.jpg http://roro0122.web.fc2.com/tousaku/1.jpg こちらが先日、 生放送をするインターネットの番...

  • アメリカにH1Bで滞在しながら、日本登録のフリーランスとして働くことは可能なのか?

    状況:今、アメリカにて就労ビザ(H1B)で働いています。今の働き場所以外でもパートタイムでフリーランスとして働きたい。 質問:日本にてフリーランスで登録して、アメリカに滞在しながら働くということは可能でしょうか? 

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

リストラの法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。