不当解雇と逸失利益について

根本的なトラブル起こしてません。雇用者から、頭ごなしに解雇の通告受け、具体的に説明がないまま、退職させられました。仕事上でのミスは、元事業所の在籍している他の従業員もミスありましたし、私だけのミスは
ありません。書面で異議を申し立てたが、事実無根ない事実を記載されて、業を煮やす日々です。
労働局のあっせんで支払いを求めたが、相手方(雇用主)からの切実な対応ありませんでした。
仕事の覚えが遅いと理不尽な理由が挙げられているが、仕事の引継ぎを怠っている他の従業員が居るせいで、
私が一概に出来ない&悪いとは思っていません。とても劣悪な環境で、仕事の引継ぎができていないのは、私の責任ではないと考えています。
2019年03月14日 15時51分

みんなの回答

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
まず、解雇理由を文書で請求するべきでしょう。労働局の斡旋では埒が明かないようですから解雇理由証明書をとって弁護士に相談した方が良いと思います。


労働基準法
(退職時等の証明)
第二二条 
① 労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。)について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。

2019年03月26日 21時19分

この投稿は、2019年03月14日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

不当解雇を争う手段 l 労働審判やあっせんの手続きの流れを詳しく解説

解雇に納得できず「不当解雇だ」と主張したいと考えても、復職を望む場合などは、いきなり裁判を起こして会社と対立することに抵抗がある人もいるでし...

あっせんとは?不当解雇の争いに専門家が間に入って解決に導く仕組みを解説

「不当解雇」を会社と争いたいけど、裁判などの法的手続きはお金や時間もかかりそうだし、勝っても会社に復職することは難しそう……。そんな思いをかか...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

「不当解雇」争うために必要な証拠、まず「解雇理由証明書」を手に入れよう

不当解雇を会社と争うとき、<strong highlight="true" bold="false">「解雇が無効であること」を明らかにするための証拠</strong>が必要となりますが、...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

この相談に近い法律相談

  • 事実無根な反訴に対する反訴

    民事訴訟(労働裁判、不当解雇)において、原告として会社を訴えたら、在りもしない請求書を並べて『○○万円の損害を被った』という反訴をして来ました。 本訴の審理が進むにつれ、それがほぼ虚偽であるということが証明されつつあります。 一般論で結構なのですが、反訴で事実無根の訴訟を起こされたことに更に反訴(反訴の反訴?)を...

  • 不当解雇の逸失利益に関しまして

    これから不当解雇の裁判を行う事になるのですが、逸失利益とは ・解雇無効と認められれば賃金請求権が発生するので逸失利益は使えないが、和解などで現場に戻れない判決になった場合は逸失利益で和解金以外の金銭請求ができる と言う認識であっておりますでしょうか? また、合っている場合ですが、和解が決まってから別裁判で逸...

  • 雇用(解雇)不当解雇にあたりますか?

    「やる気があるのなら、誠意を見せるいみで12月31日付の退職届を提出するのであれば、認めてやる」と一方的に言われたが、私は、不当に扱われるのを恐れ提出しなかった所もう職場に来るなと言われ、その場から退場させられました。大変不服です。 不当解雇にあたりますか?

  • 不当解雇で雇用契約を解約する時の相場

    不当解雇で通常の裁判をして、無効の判決をもらい雇用契約解消の和解をした場合、そして解雇無効の確率が高いということで判決前に裁判官の和解案が提示されるような場合に、それぞれのケースで雇用契約解消の和解金の相場はどれくらいでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 不当解雇について。このような状況は、不当解雇に当たりますか?

    1.雇用者はごく近い場所に同じチェーンの店舗を複数店経営しているが、その中の1店舗(私の勤務店舗)を閉店する。 2.雇用者が経営するすべての店舗の従業員は、他店舗の人手不足の際にはそちらで働くことも多々ある。 3.閉店する店舗の従業員はこの度の閉店で10人中9人が解雇。 4.他店舗からの解雇対象者は無し。 5.解雇対象...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不当解雇に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

不当解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。