解雇権乱用、不当解雇について

私(25歳女)は事務職正社員を希望し、就活をしていました。
平成24年4月に知り合いの紹介で病院の面接を受けました。面接者は理事長でした。この理事長が人事の決定権を持っています。
この面接に合格し採用の運びとなりました。採用にあたっては半年間の試用期間の後、正社員に登用すると言うことであったので、正社員を希望している私は勤務することに承諾しました。しかし、契約内容は半年間の臨時社員という辞令でした。不満はありましたが、後に正社員にするという事で納得しました。勤務して一ヶ月後には仕事の覚えもよく、早くこなすという評価をもらい個人専用のパソコンを購入してもらいました。仕事の内容は事務職責任者と同様の事を任されました。半年後の10月になっても正社員には登用されず、半年間の臨時社員の辞令をもらいました。その時から不信感がつのりましたが、2月になって3月末で人員整理で辞めてくれないかと理事長から打診がありました。直属の上司や事務長は仕事も早く、能力もあるので、なくてはならない存在あるとことから辞めささないでくれと理事長に意見具申してくれました。理事長は人員整理すると言い張り聞く耳を持たないようです。正社員登用をちらつかせ、正社員同等の仕事をさせ、自分本意に解雇することは解雇権の乱用、不当解雇に当たるのではないかと相談致します。
2013年02月08日 23時57分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
労働契約法18条に違反している可能性があると考えられます。
労基署に相談されてみてください。

それでも対応が難しいようであれば、弁護士に直接相談されてもいいと思います。

(有期労働契約の更新等)
労働契約法第十八条  有期労働契約であって次の各号のいずれかに該当するものの契約期間が満了する日までの間に労働者が当該有期労働契約の更新の申込みをした場合又は当該契約期間の満了後遅滞なく有期労働契約の締結の申込みをした場合であって、使用者が当該申込みを拒絶することが、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められないときは、使用者は、従前の有期労働契約の内容である労働条件と同一の労働条件で当該申込みを承諾したものとみなす。
一  当該有期労働契約が過去に反復して更新されたことがあるものであって、その契約期間の満了時に当該有期労働契約を更新しないことにより当該有期労働契約を終了させることが、期間の定めのない労働契約を締結している労働者に解雇の意思表示をすることにより当該期間の定めのない労働契約を終了させることと社会通念上同視できると認められること。
二  当該労働者において当該有期労働契約の契約期間の満了時に当該有期労働契約が更新されるものと期待することについて合理的な理由があるものであると認められること。

2013年02月09日 03時41分

相談者
黒岩弁護士様、早速のご回答ありがとうございます。労働基準監督署に相談したいと思います。今までも、理事長は不当な解雇を繰り返し、何度も労基署が立ち入りしておりました。この指導が活かされてないようです。

2013年02月09日 08時33分

相談者
後から新規採用になった臨時職員はすべて正社員に登用されています。客観的にみても能力の劣る人もです。何か個人的に理事長に嫌われたのでしょうか?思い当たる事もありません。アドバイスをよろしくお願い致します。

2013年02月09日 11時47分

小池 拓也
小池 拓也 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
あなたのおっしゃるとおりであれば,労働契約法18条違反で契約が更新されたものと扱われる,ということにはなるでしょう。

ただ,おそらくあなたの希望としては,当初の約束どおり正社員にしてほしいということになるのでしょうね。

そうなると,労基署の関与だけでは難しいかもしれません。
弁護士が代理人になって正社員化を申し入れる,それでもだめなら労働審判を申し立て裁判所にも会社に話をしてもらう,最後は判決(審判)をもらう,みたいな流れになるものと思われます。

正社員化の約束の有無が争点となると思いますが,求人情報の書かれ方や他の人たちの実態を根拠とすれば,口約束であったとしても,その存在を認定してもらえる可能性は十分と思います。(弁護士的にいうと,試用期間を期間雇用とすることによる労働契約法16条の脱法は認めるべきではない,となります。)

2013年02月09日 13時11分

相談者
小池弁護士様
ご回答ありがとうございます。理事長は人員整理と言いながら、四月より新しい人を採用するようです。経営状態もよく、人員整理する理由が分かりません。今でも施設長や直属の上司は理事長を説得してくれています。絶対的に事務職員数が少なく、私が解雇されれば後の仕事が大変なことになるようです。

2013年02月09日 13時55分

相談者
今までの理事長の今回の様な対応をみると正社員に留めれれたとしても、専門外の別の部門に追いやり、いやがらせをし自主的に退職させるという手法をとっております。もう私としても正社員になったとしても留まるつもりはありません。ただ、このまま泣き寝入りして退職することは本意ではありません。今回のような不当なことを許せません。どう行動を取るべきでしょうか?(今まで理事長が不当解雇を繰り返し、ほとんどの方が泣き寝入りで退職しています。また、退職は自主退職の形を取っています。履歴書に解雇という文字が残らないようにと言われるそうです。)

2013年02月10日 09時41分

この投稿は、2013年02月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

「不当解雇」争うために必要な証拠、まず「解雇理由証明書」を手に入れよう

不当解雇を会社と争うとき、<strong highlight="true" bold="false">「解雇が無効であること」を明らかにするための証拠</strong>が必要となりますが、...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

不当解雇を争う場合に弁護士に依頼するメリットと弁護士費用の目安

解雇に納得ができず、「不当解雇だ」と会社に主張したくても、自分で会社と交渉することは難しいと感じる人もいるでしょう。このような場合、弁護士に...

不当解雇について弁護士に相談する場合、弁護士費用はいくらかかるのか

不当解雇を争いたいけど、弁護士に依頼すると費用が高くなるのでは…。そんな不安を抱えていませんか? 「弁護士費用はいくらぐらいかかるのか?」「い...

この相談に近い法律相談

  • 工場閉鎖による解雇について

    会社が他の工場へ業務委託する為、2016年春に精算し社員は解雇となります。出向社員が二十数名とプロパー八名が職を失います。労働組合はありません。プロパーの七名(製作男性)は委託業務先に再就職が決まっており、プロパーの一名(女性=私、総務事務職)は決まっていません。出向者は、本社で自己都合退職者や定年退職者が出たら復職させ、関連会...

  • 給与査定を一般社員に公開? 解雇、もしくは雇用変更!

    給与査定を一般社員に公開? 解雇もしくは雇用変更 いろいろと紛らわしいので、呼称を仮定させて頂きます。 ・A会社・・・勤めている会社の大株主       業務上いつもお世話になっている ・B会社・・・現在私が勤めている会社       業務上、昼夜作業があるので       賄いさんがいます。 ・賄いさん・・・...

  • 契約社員を正社員へ、雇用契約書など書面が無い場合

    契約社員として事務職で働いてきました。毎年6月末までの期限で、一度更新をして2年目になります。 2月に他部署で欠員が出たからと、配置転換を打診されました。そこは同じく契約社員だが特定の資格が必要とされとおり、私が資格所持者だということ、その仕事に興味があると伝えていたことからです。 家族に相談するために、労働条...

  • 【弁護士の皆様是非ともお力添え下さい】ずさんな更新手続として正社員であったとみなされるでしょうか?

    ★質問内容や経緯・背景が理解しづらいとは存じますが、 弁護士の皆様、一言だけでも結構ですので、 是非とも御回答を頂くことができましたら幸いでございます。 ■就業規則 退職金規定の内容 1.正社員として3年以上勤務した者に退職金を支給する 2.入社当初、臨時社員や契約社員として勤務し、一定期間後、正社員として採用され...

  • 派遣契約期間中の退職について

    派遣法改正前で言うところの特定労働者派遣の会社で働いています。(自分の会社では正社員です。) 派遣先の会社に常駐し業務を行っておりますが、 自社と派遣先の間で取り決めた派遣期間の途中で退職することは可能でしょうか。 例えば派遣契約期間が ~2018年3月31日迄の場合で、 2017年12月中に退職することは可能でしょうか...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不当解雇に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

不当解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。