不当解雇訴訟中に、他社で正社員で働くこと

不当解雇になりました。
敗訴した時のリスクを考え、賃金仮払いはせず、最初から訴訟をしました。

生活のため、解雇になった会社より高い給料の会社に正社員で就職しましたが、ここでも解雇されたので、やはり賃金仮払いを受けようと思います。

質問1
別の会社の正社員で働いた事は、賃金仮払い、訴訟の結果に影響が有るのでしょうか?(働いた分控除されるのは知っています)

質問2
解雇になった会社より、高い給料の会社に就職していたことは、不利に働きますか?
2019年07月06日 12時35分

みんなの回答

安藤 俊文
安藤 俊文 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県2 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
1 控除以外の問題は,まずないと考えます。
2 まず無いと考えます。

2019年07月06日 16時10分

相談者
ありがとうございます。

訴訟と言いましたが、解雇が無効かどうかだけではなく、バックペイの額(控除は除く)や、地位確認にも影響は有りませんのでしょうか?

2019年07月06日 16時13分

この投稿は、2019年07月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,495名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

退職金は受け取っていいの?「不当解雇」争うときに、やっていいこと・NGなこと

「不当解雇」を争いたいけど、生活のためにすぐにでも「転職活動」を始めたい…。「解雇された」という事実を争いつつ、一方で転職活動をすることは、一...

この相談に近い法律相談

  • 解雇不当裁判で給料は?

    解雇になり裁判になったといたしましたら、 解雇後裁判が決着するまでの間、地位保全かなにかで会社に給料を支払わせる方法はあるのでしょうか。 解雇不当、原職復帰裁判などで。

  • 解雇 お給料について

    初めて相談させて頂きます。 労働基準監督署に行きましたが、納得のいく解答がえられず困っています。 以前から会社の従業員からパワハラを受け社長とはゴタゴタしておりました。 4月4日に鬱になる前に退職をしたらどうだと言われ、7日に確認があり、再度どういう意味か聞いたところ、退職なんて言っていないと話が変わりました。8日...

  • 不当解雇から、復職までの未払い賃金

    不当解雇され、復職まで、会社側の準備(法的に必要な書類準備)で1ヶ月待たされ、3月1日より出社するよう言われましたが、 待たされた一ヶ月分の給与を支払ってくれません。 会社はこの支払いを逃れることができるのでしょうか?? 払ってもらうにはどうすればいいでしょうか。 裁判前に復職を言ってきたので まだ裁判はしてい...

  • 解雇されました。賃金だけの請求でもOKですか?

    解雇されました。解雇の無効と賃金を請求しようと思います。 賃金だけの請求でもOKですか? もしすぐに自営で商売をはじめたら裁判に影響ありますか?

  • 解雇及び給料の減額について

     自分は、某専門コンサルタントの事務所に勤務しております。この事務所は、近年業績が思わしくなく、特に自分が担当するクライアントの業績が思わしくないことから、当方の給料の減額、あるいは当方の解雇を要求してきております。このように、特定個人のみの給料の減額及び解雇の要求は合法でしょうか。  なお、弊所では、65歳が...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。