一方的に解雇の話が進んでいます

正社員で雇用されています。4日前に社長から突然、業績不振でパートになってほしいと言われました。
その条件が月給1/5の提示だったため、社員契約を結んでいるのでと断りました。

昨日、役員会議の場で、私を5月末で退職してもらうという話が出たようです。
会議に出た社員から聞きました。私は社長や役員からは、その話は聞いていません。ただ、話があると言われましたが、先日のような話であれば、聞くつもりはないとつっぱねました。

業績不振なのは事実です。退職という話が出ているのは私一人です。

また、社長は私に話す機会を求めてくると思います。
解雇の話をされたら、最短で30日後の退職で、解雇理由証明書の発行を求めるつもりですが、
今後、私はどのように対応していけば良いのでしょうか?
宜しくお願いします。
2017年05月11日 10時53分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都6 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 解雇の話をされたら、最短で30日後の退職で、解雇理由証明書の発行を求めるつもりですが、
> 今後、私はどのように対応していけば良いのでしょうか?

業績不振というだけでは解雇はできません。その点を材料として退職時期を遅くするように交渉することです。

(参考裁判例)昭和62年5月6日/松山地方裁判所西条支部
「自由主義経済の下においては、経営に関する危険を最終的に負担する企業は、企業運営方針の選択について専権を有し、業績不振に陥つたときにはその経営の合理化に必要な措置を本来自由に決定実施することができるものであるが、そのために行われる従業員の解雇は、責に帰すべき事由のない従業員から継続的雇用への期待と生活の経済的基盤を一方的に奪うものであるから、企業運営上の必要性を理由とする解雇の効力もこの点から一定の制約を受けるものであつて、右就業規則も、このことを明らかにしたものと解される。そして右就業規則の「やむを得ない事業上の都合による」ものといえるためには、企業が高度の経営危機下にあつて、その合理的運営上人員削減の必要性があり、解雇回避のための相当な経営努力が尽くされたが、なお解雇による人員削減が避けられない場合であることを要すると解すべきである。」

2017年05月11日 12時07分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
解雇の正当な理由がなければ解雇できませんので、解雇や退職には応じられないと頑張り、それでも解雇されたら裁判などで争うことがかんがえられます

2017年05月12日 13時57分

この投稿は、2017年05月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,811名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

【弁護士Q&A】試用期間満了後の能力不足を理由とする解雇は有効か

試用期間が満了したときの本採用拒否も、法的には解雇にあたり、条件をみたしていない場合は違法・無効になります。では、試用期間満了後に、能力不足...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

この相談に近い法律相談

  • これって、有り!

    昨年の2月に、住宅販売会社に入りました。社長は、私の前の会社のお客様でした。9月30日に定休日でしたが、他に、お金の支払いが有り社長から借りようと思い会社に行き、事務所にいたら、社長に呼ばれて解雇と言われましたが、9月分の給料を事務員から渡され、その場で、離職票を渡され、事務員に (色々言いたい事も有るだろうけど)と言...

  • 派遣の3ヶ月契約の1ヶ月解雇の場合

    当方、派遣社員で、10月から地方会社の事務で仕事をしていました しかし3ヶ月契約で雇われながら、1ヶ月で解雇されてしまいました 10月末頃に仕事を教えてくれていた方(正社員)から「1ヶ月たつにの仕事が遅すぎる」「給料払ってるのは私」と突然言われ、 その翌日に派遣の担当者から連絡があり「会社側から(私が)仕事を続けるのは...

  • 親会社のやりたい放題?

    先日、会社の社長と親会社の方(名乗りもしないので、私は知らないのですが)が3名連れ立って急に営業所にやってこられ、私と話があると、個室に入り、退職勧奨を受けました。 会社の業績が危機的だから、退職してほしいとのこと。 とある職業斡旋会社のパンフレットを差し出されましたが、50歳を過ぎた私(女性です)には希望も何も感じ...

  • 知人が仕事を解雇になりました。

    知人は他の企業に勤めていましたが、現会社の会長にどうしてもと言われうつってきました。しかし、先日『君の仕事は遅いから辞めてくれ。ただし、会社からの解雇ではなく自主退職という形をとってくれ。』と言われたそうです。彼はもう会社に居る気はないが身勝手さに悔しいようです。その会社中小企業で数社経営し家族経営です。 こ...

  • 特に理由がなく、会社社長に退職してくれと言われたら辞めなければいけないのでしょうか?

    母(67歳)が突然来年3月に退職してくれと勤め先の社長に言われました。 中小企業の事務員をしており、65歳で正社員としては退職(社長の一存)、 同じ会社で再雇用でパートとして働いています。 生活もありますのでせめて70歳ぐらいまではと思って働いていました。 仕事内容は詳しく書けませんが、営業事務で他の事務員では話が通...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。