1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解雇
  4. 休業補償と民法による請求の違い

公開日:

休業補償と民法による請求の違い

2016年02月08日
ベストアンサー
解雇相当の扱いを受けた際、労基法上の休業補償では60/100だが、民法では全額賠償が基本だと書かれてありました。

そうであるならば、労基署等に相談するのではなく、立証できる証拠を揃えて裁判所等に訴えた方が効果があると思うのですが、そもそも、そう言った考え方は正解なのでしょうか?

相談者(423953)の相談

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 解雇相当の扱いを受けた際、労基法上の休業補償では60/100だが、民法では全額賠償が基本だと書かれてありました。
>
> そうであるならば、労基署等に相談するのではなく、立証できる証拠を揃えて裁判所等に訴えた方が効果があると思うのですが、そもそも、そう言った考え方は正解なのでしょうか?
>
>

違います。
労基法の休業手当と民法上の危険負担法理に基づく賃金請求とは要件が異なります。双方の要件を充足する場合は民法による請求が得になりますが、民法上の危険負担法理に基づく賃金請求がみとめられない場合は、労基法上の休業手当の選択肢しかありません。

2016年02月08日 19時23分

相談者(423953)
高橋先生、いつも素人目線の詳しい回答ありがとうございます。
本当に助かります。

2016年02月08日 19時27分

この投稿は、2016年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】セクハラやパワハラをした従業員を解雇するための条件とプロセス

セクハラやパワハラを理由に従業員を解雇したい場合、会社はどのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、セクハラやパワハラを理...

【人事労務担当者向け】従業員を解雇するための要件と抑えておくポイント

能力不足や成績不良などの理由で、働き続けてもらうことが難しい従業員がいる場合であっても、当然に解雇できるわけではありません。従業員を解雇する...

【人事労務担当者向け】能力不足を理由に従業員を解雇するための条件と注意するポイント

成績不良や業務への適性がないことなど、能力不足を理由に従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、能力...

【人事労務担当者向け】無断欠勤を繰り返す従業員を解雇する要件とプロセス

無断欠勤を繰り返しているという理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、無断欠勤を繰り返す...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

この相談に近い法律相談

  • 労働審判における休業補償の額は

    会社に故意過失がある場合の休業補償について、民法では全額主張できるとこちらのサイトで教えていただき、弁護士さんをたて、主張しつづけた結果会社から全額を貰えました。 同じ扱いをうけ休業補償になった友達は、会社から労働審判の申し立てをされ、休業補償について争うようですが、 労働審判だと6割しか請求できないというのは...

  • 損害賠償責任の立証について

    自分は原告で被告の答弁書に対する反論で被告の損害賠償責任の立証をしなければなりません。 必要な事実は証拠を持って示すところですが民法709条のように損害賠償の理由となる法令は必ず記載しなければなりませんか?書かなくても裁判官が自ら事実関係把握のもとで民法の中から該当するものを適用してくれるのでしょうか?

  • 失業保険で失業手当相当の損害賠償請求が可能なのか?

    失業保険に損害を与えられた理由で労使の関係での紛争で裁判になった事例が数多く存在するようです。 法的にすでに失業手当の受給権が存在していないために、どんなに会社が雇用保険の加入手続きを怠っていたとしても、失業手当相当額の損害賠償は認められない (大阪地判平18・1・26労判912号51頁)。 事業主が雇用保険法上の手続き...

  • 著作権法

    法定譲渡により人格権のみを有していたAが人格権侵害を受けた場合、著作権法114条3項に基づき損害賠償請求できますか?(民法709を使わずに) 114条3項を文理解釈すると、損害賠償できるように思うのですが、114条はあくまで損害の推定の規定なので民法709条を使わないと請求できませんか? またその場合は著作権法上の請求ではなく民事...

  • 著作権法

    著作権法115条にある損害賠償とともにとありますが、 それは民法709条に基づく損害賠償請求という理解で大丈夫ですか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。