kaiko

知人の勤務先で年末・年始の勤務中に6人が飲酒をし、年末年始の両日に飲酒をした3人が解雇となり、年始だけ飲酒をした3人はお咎め無しとなりました。
勤務中に飲酒をした事に変わりは無い筈ですが、両日に渡って飲酒した3人は不当解雇と言う事になりませんか?
2011年01月28日 02時19分

みんなの回答

西川 英樹
西川 英樹 弁護士
ありがとう
年末年始の両日に飲酒をした3人と年始だけ飲酒をした3人で、処分に大幅な差異を設けることが妥当でないと思われます。

また、そもそも、勤務中に飲酒をしたことをもって解雇することについても行き過ぎではないかと思われ、不当解雇に該当しうる可能性があると思います。

2011年01月28日 03時30分

この投稿は、2011年01月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

【弁護士Q&A】試用期間満了後の能力不足を理由とする解雇は有効か

試用期間が満了したときの本採用拒否も、法的には解雇にあたり、条件をみたしていない場合は違法・無効になります。では、試用期間満了後に、能力不足...

「不当解雇」は違法で無効…不当解雇の基準、争うための手段を詳しく紹介

「あなたは能力不足」「リストラする必要がある」ーー。解雇の理由はさまざまですが、一見もっともらしい理由があっても、条件をみたしていない解雇は...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

この相談に近い法律相談

  • 勤務時間途中の長時間休憩についての解釈

    私は、ある列車乗務のパート従業員です。仕事は泊まり勤務で1泊2日の勤務行路です。この場合の休憩時間にどれだけの制限が設けることが出来るかについての相談です。 その勤務形態とは、まず1日目の8:30に出勤し12:30まで勤務、その後は21時間休憩。1日目は何もなくその後勤務解放。2日目は9:30出勤し、同日のは夜20時頃勤務終了...

  • 休日に勤務。超勤処理ではamと金額等の変わりないのでしょうか?

    週休二日の職場です。土曜日又は日曜日は全く職場を空にするわけにはいかないので順番に仕事となり、月に2〜3回ほど仕事しています。月〜金曜日の勤務で40時間になっているので(代休が取れるような状況ではないので)超過勤務で処理しています。さて質問ですが・・・ ?休日に順番で恒常的に勤務をしていて、それを超勤で処理するのは問...

  • 特殊な労働条件下における手当及び休憩時間の解釈について

    寝台列車のアテンダントとして働いていました。 勤務形態は2泊3日拘束され、1日目は14時頃出勤、24時まで勤務。その後午前1時頃列車内寝台(個室原則、開放式寝台車の場合もあり)にて宿泊。 2日目は5時過ぎ起床、6時から12時頃勤務。終了後15時過ぎ頃まで会社の指定箇所で休憩。 その後再び16時頃から勤務、1日目から2日目と同じ...

  • 勤務上の不当な処分の撤回は可能か? 休憩時間の合理性の解釈

    友人は、あるリゾート特急の時給給与のパート従業員の客室乗務員です。彼女が不当な処分を受けました。 勤務形態は、1泊2日の勤務で1日目は午前8時30分頃出勤後片道乗務、同日午前12時30分頃現地に到着後その日はその後翌日まで休憩時間。 翌日は午前9時30分頃勤務開始、その日は夜20時頃退勤になる勤務についています。 勤務時...

  • 社員の身体を気遣わない勤務体制は法律違反では

    12時間勤務の夜勤で仮眠時間が無くなりました。(日勤12時間が4日、2日休み、12時間夜勤が4日というパターン)夜勤の勤務明けの帰宅途中に何度も意識をなくすような事がありました。危険は感じていましたが会社のやり方に逆らえずとうとう、その夜勤明けで交通事故を起こしました。会社に損害請求はできますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。