解雇無効事件で、相手側代理人に慰謝料・損害賠償を請求できるか?

当方、民事裁判係争中(解雇無効事件・労働者側・原告)です。
係争事件では、私が傷病休職からの復職を会社側が拒否して認めず、雇用契約を解除されました。

 【事実】
 ・就業規則では、「医師の診断書に基づいて復職が決定される」、「会社側指定の医師に診断させることができる」と記載がある。
 ・会社は、相手方弁護士に、私の主治医と面談の上復職できない旨の報告書を作成させ、それを根拠に復職を認めなかった。

 【裁判での当方の主張の予定】
 ・会社側は雇用契約は医師の診断書によってのみ解除可能であるので、会社側の雇用契約の解除の処分は無効であり、当然に雇用契約は継続している。

 【相手方弁護士作成の論文・記事】
 ・就業規則に、傷病休職からの復職に関して、産業医もしくは指定医の診断命令規定がないとトラブルの元であるので、規定を設けるべきである。

 【裁判所が解雇無効を認定した場合】
 ・雇用契約解除後の給与が私に支払われるので、被告(使用者)の不法行為は消滅する。

上記を整理すると、
そもそもの発端は、相手方代理人が、「産業医もしくは指定医の診断命令規定がないとトラブルの元になる」との認識をもっており、就業規則に違反していることを承知しながら、被告(使用者)から求められるままに、「復職できない旨の報告書」を作成しています。

質問ですが、
(1)相手方代理人に損害賠償を請求できるのでしょうか?
 例えば、私が代理人に委任した場合、その実費を請求できるのでしょうか?
 (通常、弁護士費用全額は認容されませんが、今回は相手方が弁護士なので、何か特例的な判断がされるか?)

(2)相手方代理人を懲戒請求することは可能でしょうか?
 当方(原告)が、雇用契約の解除の原因を作ったのは、弁護士であるとして懲戒請求することはできるのでしょうか?
 それとも、裁判所が解雇無効を認定すれば被告(使用者)の不法行為は消滅するので、その訴訟代理人の不法行為も消滅するのでしょうか? 
2015年11月28日 02時31分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
(1)相手方代理人に損害賠償を請求できるのでしょうか?
 例えば、私が代理人に委任した場合、その実費を請求できるのでしょうか?
 (通常、弁護士費用全額は認容されませんが、今回は相手方が弁護士なので、何か特例的な判断がされるか?)

 そもそも相手方代理人は、あくまで相手方の代理人乃至補助として業務を行っていたものであり、独自に相手方代理人の不法行為責任などが生じるということは難しいでしょう。

(2)相手方代理人を懲戒請求することは可能でしょうか?
 当方(原告)が、雇用契約の解除の原因を作ったのは、弁護士であるとして懲戒請求することはできるのでしょうか?

 弁護士は、弁護士法や所属弁護士会・日弁連の会則に違反したり、所属弁護士会の秩序・信用を害したり、その他職務の内外を問わず「品位を失うべき非行」があったときに、懲戒を受けます(弁護士法56条)。今回の場合、これらの行動があったとは思われず、懲戒請求は難しいでしょう。

 それとも、裁判所が解雇無効を認定すれば被告(使用者)の不法行為は消滅するので、その訴訟代理人の不法行為も消滅するのでしょうか? 

 あなたは、解雇無効や給料乃至慰謝証請求で会社と争えば良いと思われます。解雇無効と弁護士の不法行為責任とは無関係です。

2015年11月28日 06時16分

相談者
西田先生、

回答ありがとうございます。
そもそも、雇用契約の解除の殆どの責任が会社にあることは理解できます。

しかしながら、代理人が(会社のいいなりで)いい加減な報告書をつくり、就業規則違反を承知で強引に雇用契約を解除した(代理人は会社の顧問弁護士)のだから、代理人に相応の責任を取らせても良いような気がします。

が、やはり難しいのでしょうか??

2015年11月28日 07時29分

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ベストアンサー
ありがとう
代理人が(会社のいいなりで)いい加減な報告書をつくり、就業規則違反を承知で強引に雇用契約を解除した(代理人は会社の顧問弁護士)のだから、代理人に相応の責任を取らせても良いような気がします。が、やはり難しいのでしょうか??

 代理人は、通常会社の意向に沿って行為を行っており、会社がその責任を負うのが通常です。

2015年11月28日 07時50分

相談者
西田先生、

基本的な考え方が分かりました。
ありがとうございました。

2015年11月28日 07時56分

この投稿は、2015年11月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

【弁護士Q&A】試用期間満了後の能力不足を理由とする解雇は有効か

試用期間が満了したときの本採用拒否も、法的には解雇にあたり、条件をみたしていない場合は違法・無効になります。では、試用期間満了後に、能力不足...

「懲戒解雇」が無効になるケースとは?不当解雇として争う方法と手順

会社におけるもっとも重いペナルティー。それが「懲戒解雇」です。退職金が支払われないことがあったり、再就職にマイナスに影響する可能性があったり...

懲戒解雇が無効になるケースと労働者が解雇を争う方法

業務命令違反や規律違反などを理由に会社から懲戒解雇処分を受けた場合でも、当然に解雇が有効になるわけではありません。懲戒解雇が有効になるために...

この相談に近い法律相談

  • 労働裁判における、相手方弁護士の言動不一致を指摘しても良いモのか?

    当方、元会社員で、元使用者に対して解雇無効について、係争中です。 私が雇用契約を解除されたひとつの要因として、相手方弁護士が、 ・療養休暇後に私が提出した復職可能の診断について主治医と面談をし ・「報告書」なるものを作成し、 ・その報告書に基づいて会社が復職不可能と判断した  (就業規則には、「復職は医師の診断...

  • 整理解雇の4要件について…

    現在、相談中(2回済)の弁護士の見解ですと… 解雇回避の措置をまったく行わなくても、 指名解雇(選定)が不合理であっても、 協議もなく、一方的な解雇予告であっても、 現実に財務状況が悪ければ労働者に勝ち目はない。 証明するものがないと司法は労働弱者を救えない。 もし、不当解雇を主張するなら 従業員の昇給なし、賞...

  • 業務委託契約でも労働者性が強い場合

    業務委託契約に関して 過日、相手方から一方的に契約を解除され、契約書の条項に 『甲乙、お互いに3ヶ月前に告知すれば、合意解約』 が、不履行でしたので、弁護士さんを付けずに契約不履行で訴訟を起こしました。配点も終わってます。 業務委託契約とありますが業務内容を精査すると、労働者性が強く、労基法適用を主張したい...

  • 解雇無効裁判において、解雇の原因となった書面作成者である、相手方代理人を尋問できるか?

    会社から不当に解雇された為、現在、係争中です。 解雇の際のことを説明しますと、 ・私は、社則に基づき、私傷病休職をしていた。 ・私は、車速に基づき、復職可能の診断書を提出した。 ・会社は、弁護士(訴訟代理人)を私の主治医と面談させ、復職不可能である旨の書面を作成した。  会社は、その書面を根拠として、私の復職を...

  • 後遺症と解雇無効への影響。実際弁護士からの見立てで地位保全仮処分請求に後遺症はどう影響しますか?

    業務中パワハラ暴行事件で加害者【役職】社内処分なし被害者は解雇【私】 解雇理由は別件(当てつけの不当解雇と認識) 【命令されての残業中でしたが会社は労災否定で上司命令なし自己判断で会社に残っていた=業務外⇒労働監督所の審査中】 で、解雇無効の地位保全仮処分請求の裁判が始まります。 怪我の治療医師に頚椎と左肩、...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。