取引先の人との結婚が理由による解雇

質問です。
取引先の人との結婚が理由による、会社からの解雇は正当でしょうか?
その取引先と競合する取引先はない状況です。
2015年07月26日 15時36分

みんなの回答

窪川 亮輔
窪川 亮輔 弁護士
ありがとう
正当性があるとは思えませんね。

2015年07月26日 15時49分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
取引先の人との結婚が理由による、会社からの解雇は正当でしょうか?

プライベートなことでしょうし、会社に迷惑をかけているわけではないのであれば、不当解雇の可能性が高いですね。

2015年07月27日 04時32分

相談者
ありがとうございます。

会社に迷惑をかけているのでないなら、というポイントですが、会社から見て、機密事項を漏洩されては困る等の理由を言われた場合は、正当と思わざるを得ないのでしょうか?
もちろん漏洩するつもりはありません。

2015年07月27日 22時42分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ベストアンサー
ありがとう
会社から見て、機密事項を漏洩されては困る等の理由を言われた場合は、正当と思わざるを得ないのでしょうか?

機密事項を実際に漏らすということではないのでしょうから、それだけだと正当とは言いづらいですね

2015年07月28日 05時30分

この投稿は、2015年07月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

【弁護士Q&A】試用期間満了後の能力不足を理由とする解雇は有効か

試用期間が満了したときの本採用拒否も、法的には解雇にあたり、条件をみたしていない場合は違法・無効になります。では、試用期間満了後に、能力不足...

【マタハラ】妊娠や出産を理由に解雇されたときの対処法

妊娠・出産を理由として会社が労働者に対して不利益な取り扱いをすることは、法律で禁止されています。そのため、妊娠や出産を理由に解雇されたとして...

【弁護士Q&A】試用期間に会社から能力不足を理由に解雇されたときの対処法

会社に入社すると、一定期間の試用期間を経た後に本採用されるという流れが一般的です。では、試用期間中に解雇されたら受け入れるしかないのでしょう...

この相談に近い法律相談

  • 事業譲渡における、取引先との契約引き継ぎに関する合意書について

    事業譲渡を行う予定です。個々の取引先から契約の引継の同意書をもらう予定です(契約書自体を巻き直す取引先もあります)。譲渡会社と被譲渡会社の両方と取引のある取引先に対して、合意書上、どのように表現すればいいでしょうか(譲渡会社の全ての権利・義務・債権・債務などとすると、譲渡会社の取引分まで対象になってしまいます)...

  • 利益相反取引について

    株式会社と社会福祉法人が業務委託契約等を締結するに際して、代表取締役と理事長が同一人物である場合、両法人ともに、利益相反取引に関する承認決議が必要となりますでしょうか? ご教示のほどをよろしくお願いいたします。

  • 親子会社の代表取締役兼務における利益相反・双方代理について

     代表取締役が兼務の親子会社間の取引や双方代表取締役名義での契約締結は、利益相反・双方代理にあたるのでしょうか?  A社の代表取締役社長が、その100%子会社であるB社の代表取締役社長を兼務することになりました。A社・B社ともに代表取締役は社長の1名のみです。 質問1  両者間の取引は、形式的には会社法第356条...

  • 会社の利益相反取引の事後承認について

    会社法365条の利益相反取引(契約行為が取引内容です)を株主総会・取締役会の承認を得ることなく、結果、当該取引内容たる契約も期間満了で終了し、一年を経過してしまいました。 この場合でも事後承認をしないと、やはり法的には、問題が生じるものでしょうか?アドバイスをください。 よろしくお願いいたします。

  • 出資比率50/50の代表取締役と取締役の権限の差について

    代表取締役1名と取締役1名がそれぞれ株式を50%ずつ保有する取締役会非設置会社です。 (1)2名の意見が合わなくなり、代表取締役が「自身の権限で」と称して、明確な理由の提示無しに、取締役を社内立ち入り禁止にする事は出来るのでしょうか。 (2)また、代表取締役の違法行為が明確であり、それに対する取締役の善管注意義務・忠実義務...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。