弁護士による秘密漏示

Aは、△会社に正社員で採用されたが、古参社員の嫌がらせに抗議したところ役員に告げ口されて解雇。納得いかないというと、正社員採用にもかかわらず有期雇用の契約満了の雇い止めとされ
たため、地位確認訴訟を提起し。

「解雇を撤回して自主退職とする」や「被告は原告の再就職に不利益となることを第三者に開示しない」との和解条項を交わし和解。

その後Aは×会社に採用されたが前職の職歴試用期間3カ月(試用期間終了での自主退職で和解。本採用に至らず)を履歴書に記載せず。×会社にいわゆる超ブラック会社であり、3年勤務したところで社長に法違反を質したところ解雇。再び、地位確認訴訟提起。

偶然にも×社の社長が相談したのが前回Aの相手方弁護人であり、弁護人は原告が誰であるかを知ったうえで受任し、「前職でも『解雇』されていた」「前回も同じ訴訟を起こした」と事務所に自分が保管してあった訴訟記録を×社社長に全て開示した。そして「試用期間の職歴記載がない」ことを追加理由とし更なる解雇を行った。

この場合に刑法の秘密漏示罪に問えるでしょうか。
客体の「人」にAが適用されるか、弁護人の行為が「阻却事由」にあたるか、正当な理由として認められるかどうか、法的根拠にてらして教えてください。
2010年11月17日 00時21分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
正当な理由があるので,問えないでしょう。

2010年11月17日 00時27分

相談者
ありがとうございました。
民事で考えます。

2010年11月17日 00時49分

この投稿は、2010年11月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】試用期間満了後の能力不足を理由とする解雇は有効か

試用期間が満了したときの本採用拒否も、法的には解雇にあたり、条件をみたしていない場合は違法・無効になります。では、試用期間満了後に、能力不足...

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

医師や弁護士などが秘密を漏らした場合の罪|秘密漏示罪が成立する要件と刑罰の内容

医師や薬剤師、弁護士など、特定の職業の人が、仕事上で知った秘密を漏らすと、「秘密漏示」にあたる場合があります。この記事では、秘密漏示罪が成立...

この相談に近い法律相談

  • 解雇通知後、退職届を提出した場合、解雇無効を争えますか

    試用期間中の正社員です。能力不足を理由に試用期間から本採用への移行を拒否され、書面で通知を受けました。事実上の解雇になると思います。 その後、保険等の手続きの必要があると勘違いし、会社から送付された退職届の書式に自ら記名捺印し誤って提出してしまいました。退職届の退職理由欄には会社からの指示で「会社都合」と書いて...

  • 就業規則が知らされていない場合の懲戒解雇は有効ですか

    懲戒解雇無効問題で2ヶ月間会社と話合いをしております。 会社側は懲戒解雇相当である、即日解雇は有効である 当方は就業規則・給与規定・退職金規定は 解雇通告後 に会社に提出させ確認しました。 それまでは存在さえ知らなかった。 過去8年前の事を引っ張り出し(その事に関し) 始末書 注意など何もなくいきなり上記の結...

  • 懲戒解雇について

    民間企業に勤務する知り合いが 会社から普通解雇、諭旨解雇されそうで相談を受けました。 解雇の様態について疑問があります。 公務員の場合、国家公務員法及び地方公務員法に 懲戒処分として 免職 停職 減給 戒告 が定められており 民間企業もこれに準じて就業規則に 解雇 停職 減給 戒告 が定められていると思いま...

  • 解雇権の濫用があると判断した場合はすぐに弁護士に相談するべきである。自己都合から懲戒解雇

    会社で期間従業員(時給制契約社員)の6か月契約更新で勤続年5年で仕分け区分 商品陳列をしていました。契約の更新の際には雇入労働条件通知書を受け取っていました。 私の会社は事業主(使用者)が2年ごとに変わります。 ここで解雇権の濫用法理について述べてみます。 解雇権の濫用法理:使用者の解雇権の行使も、それが客観的...

  • 告訴された社員を解雇できるか

    私の会社の事ですが、支社長が部下の事務員が原因で元社長(支社長退職後辞任)に退職強要をされた。退職後、元社長と部下事務員及び会社を相手(3者)に損害賠償請求で訴訟をした。その口頭弁論前に、会社は和解し、和解金を支払った。それを知り、元社長及び事務員から会社宛に訴訟予告書が届いたのですが、そのまま放置して第1回口...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  2. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  3. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  4. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  5. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  6. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  7. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。