公開日:

赤字前提の費用。これらは法的に問題ありますか?

2014年05月14日
ベストアンサー
現在、事業活動を殆ど行っていない会社で
・取締役の報酬を減額せず支払いを継続
・従業員として籍を置いてる者を解雇せず報酬の支払いを継続
・不要と思われる駐車場や倉庫、事務所などの賃貸契約を継続
これらは法的に問題ありますか?
相談者(252030)の相談

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
他の債権者との関係においてあまりに不当な支払であれば,会社の経費名目での支払が詐害的であるとして,その取消訴訟が提起される制度はあります。

2014年05月14日 17時57分

相談者(252030)
今井先生、回答ありがとうございます。
会社に債務が無い、もしくは債権者に異論が無い場合は
問題無いという事でしょうか?

2014年05月14日 18時06分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ベストアンサー
ありがとう
会社に債務が無い、もしくは債権者に異論が無い場合は問題無いという事でしょうか?

そうですね。あとは株主の異論がないかでしょう。

2014年05月14日 19時27分

この投稿は、2014年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】セクハラやパワハラをした従業員を解雇するための条件とプロセス

セクハラやパワハラを理由に従業員を解雇したい場合、会社はどのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、セクハラやパワハラを理...

【人事労務担当者向け】能力不足を理由に従業員を解雇するための条件と注意するポイント

成績不良や業務への適性がないことなど、能力不足を理由に従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、能力...

【人事労務担当者向け】従業員を解雇するための要件と抑えておくポイント

能力不足や成績不良などの理由で、働き続けてもらうことが難しい従業員がいる場合であっても、当然に解雇できるわけではありません。従業員を解雇する...

【人事労務担当者向け】無断欠勤を繰り返す従業員を解雇する要件とプロセス

無断欠勤を繰り返しているという理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、無断欠勤を繰り返す...

【人事労務担当者向け】契約期間の途中で従業員を解雇する場合の注意点

契約社員など契約期間の定めがある従業員を、契約期間の途中で解雇することは、原則として認められません。解雇したい場合には、「やむを得ない事由」...

この相談に近い法律相談

  • 雇用契約締結上の過失に対する慰謝料請求

    長文乱文になりますが、ご相談させていただければ幸甚です。 【状況】  ある中小企業の現代表取締役に、当企業設立前に、起業の協力を条件に設立時取締役にならないかと持ちかけられました。私は協力し、起業に至りましたが、会社側から設立時取締役の話を破棄されました。代表取締役は、「役員として追加できるが、定款を書き換える...

  • 個別契約書の契約期間について

    ネット企業にて法務を担当している者です。 弊社が締結する個別契約書についてのご質問なのですが、 個別契約書(業務委託契約)における「契約期間」は、 その業務の実施期間にあわせるべきでしょうか。 それとも、業務委託費用の支払いが業務実施期間よりも後に来る場合、 この業務委託費用の支払期間にあわせるべきでしょ...

  • 残業代の未払いを要求する行為は会社を裏切る行為?

    有給休暇の取得や残業代の未払いを要求する行為は会社を裏切る行為になる、という理屈とはどのようなものなのでしょう? 物流業界は労基法が守られていない会社も多いのでしょうか? 記事 http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-8598.php

  • 印紙税法について

    売買に関する業務の委託とは、売買に関する業務の全部又は一部を包括的に委託することをいいますので、特定の物品等の販売又は購入を委託する「売買の委託」(令第26条第1号)とは区別して考えなければなりません。  具体的には、販売施設を所有している者が、そこにおける販売業務を委託する場合、販売店の経営そのものを委託した場...

  • 就業規則を無断に変更。これって問題ないのですか?

    運送業に勤めてます。今年ね春先に全員に署名させ就業規則を改定しました。以前の就業規則には年2回賞与支給とありましたが知らぬ間に会社の業績により支払わないと無断改訂されてました。当然賞与は支払われてません。これって問題ないのですか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。