解雇を30日前に宣告されずにクビ

公開日: 相談日:2013年10月02日
  • 1弁護士
  • 1回答

お力をお借りしたく相談させていただきます。

アルバイトで2か月の使用期間が設けられていました。
仕事を初めて2か月目の中旬に、上司から自主退職するよう圧力をかけられました。
仕事はきちんとこなし、勤勉に打ち込んでおり退職になる理由も、上司の個人的な感情によるものです。
職場でも居づらい雰囲気を作られたため辞めざるをえない状況でした。
会社のいいぶんとしては、試用期間の契約満了としていますが
これはタイミングよく後から取ってつけただけあり、私としても納得がいきません。

会社が契約満了にするのであれば、30日前に通告するべきではなかったのでしょうか。

204707さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    原則としてあなたが主張されるとおりです。今からでも30日分の予告手当を請求できます。ただし,当初の雇い入れから雇用期間を2ヶ月とする有期雇用契約であったと会社が主張してくる可能性もあります。2ヶ月以内の有期雇用であれば2ヶ月を越えて継続雇用しない限り解雇予告は要らないからです。有期雇用契約書はありますか。労働条件通知書,職安の求人票,採用面接の口頭での労働条件,他の従業員の扱いはどうでしょうか。

  • 相談者 204707さん

    タッチして回答を見る

    今井先生、ご回答ありがとうございます。

    基本は一年契約で最大3回までの更新という条件で、一応試用期間もあります程度だったと記憶しておりますが、
    採用時の契約書が手元に無く、困ってしまいました。

この投稿は、2013年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す