1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 解雇
  4. 60歳定年、再雇用

公開日:

60歳定年、再雇用

2013年02月17日
60歳定年、再雇用でお伺いします。

今度のH25.4から、高年齢者雇用安定法の制度ががらっとかわり、労使協定で選別できなくなる(経過措置はあるようですが)かわりに、普通解雇理由に相当する人は、60歳定年で再雇用せずにさよならできるって、おかしくないですか?

勤務不良、出勤不良、心身故障は、定年時に判明するのでなく、そいった不良があれば、そのときに首切ればいいのでしょう。だのに60歳定年という時点で、それまで辛抱して使っておきながら、定年と同時に首切るのは、理由にならないのでは、と思います。
相談者(164198)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
ありがとう
普通解雇事由が認められた時点で解雇せず、60歳になったときに普通解雇するということであれば、それまで普通解雇しなかった事情も含めて、再雇用しないことの合理性を問うことができると考えられます。

2013年02月18日 07時39分

相談者(164198)
黒岩先生、ご明察な回答ありがとうございます。

そうですよね。法が許していると勘違いして、定年や更新のタイミングで安易に切れば、雇用主は大やけどになりますか。解雇は解雇として、慎重な対応で、手順をふんでもらわないといけませんね。

2013年02月19日 20時01分

この投稿は、2013年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】従業員を解雇するための要件と抑えておくポイント

能力不足や成績不良などの理由で、働き続けてもらうことが難しい従業員がいる場合であっても、当然に解雇できるわけではありません。従業員を解雇する...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

【人事労務担当者向け】セクハラやパワハラをした従業員を解雇するための条件とプロセス

セクハラやパワハラを理由に従業員を解雇したい場合、会社はどのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、セクハラやパワハラを理...

【人事労務担当者向け】能力不足を理由に従業員を解雇するための条件と注意するポイント

成績不良や業務への適性がないことなど、能力不足を理由に従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、能力...

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

この相談に近い法律相談

  • 定年退職の定義

    私は来年の6月で会社が規定する定年退職を迎えます。この定年は60歳の誕生日を迎えた次の6月か12月が定年と規定している為です。私は来年の1月26日で60歳になります。そこで、1月末をもって退職しようと考えていますが、この場合、定年扱いになるのでしょうか。それとも自己退職になるのでしょうか。と申しますのは、雇用保...

  • 「定年延長」制度による賃金格差は違法ですか?

    先月、「定年後再雇用の賃金格差は違法」という判決がでたようです。 弊社では、 ①再雇用制度(月度賃金は59歳時点の50%水準)、と ②定年延長(月度賃金は59歳時点の80%水準) の二つがあり、①の再雇用の場合は今回の判例が当てはまりそうですが、 私が気にしているのは②の定年延長の場合です。 ②の場合でも、”賃金格差...

  • 固定給について。質問の意味がわかるでしょうか?

    今年18歳になった息子のことなのですが バイトから17歳の時(昨年4月)契約社員(1年)で 固定給 16万円をいただいておりした(休みは月曜日だけ 労働時間も はっきりはわかりませんが1日10時間以上) そして 今年の1月18歳になってから 夜10時以降の仕事もしています 昼の12時から翌日の2時までで休憩時間...

  • 就業規則のない会社での終業時間無給延長について。

    就業規則のない会社で15年間勤務しています。役職も手当てもありませんが、みなし管理職のような立場なので、始業時間の9時30分より早く毎日8時30分までには自主的に出勤しているのですが、固定給で時間外手当などは出ません。終業時間は現在17時30分なのですが、このたび就業規則をつくるにあたってそれを18時30分に延...

  • 定年後の再雇用契約に関して

    定年退職後の再雇用制度に関してです。再雇用後の給料などは、責任や時間などで決められ、必ずしも退職前と同じでなくてもよいというは判決があります。今回定年を過ぎても給料提示なく、前回(一年前)の契約書では双方に意見がないときは、そのまま一年継続とするという文言があります。当方はそのままの継続と考えていましたが、定年...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。