準公務員の解雇について

私は準公務員です。
私の会社では地方公務員法を参考に、社則を決められています。

そこで、禁固刑以上の刑に処されると失職という記載があるのですが、これはあくまで「社則」としての効力して持ちませんよね?

公務員の「地方公務員法」と同様に法としての強制力はあるのでしょうか?
相談者(108810)からの相談
2012年02月27日 15時52分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
就業規則の書き方によると思われます。

ただ、禁固刑以上の刑に処される場合、通常の会社・就業規則でも解雇になることは十分にあり得ますよ。

2012年02月28日 07時07分

この投稿は、2012年02月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

契約期間中なのに会社から解雇されてしまった場合の対処法

会社と期間を決めて雇用契約を結んでいるのに、期間の途中で、一方的に会社から解雇されてしまうケースがあります。原則として、契約期間中に会社が一...

【人事労務担当者向け】能力不足を理由に従業員を解雇するための条件と注意するポイント

成績不良や業務への適性がないことなど、能力不足を理由に従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。この記事では、能力...

【人事労務担当者向け】セクハラやパワハラをした従業員を解雇するための条件とプロセス

セクハラやパワハラを理由に従業員を解雇したい場合、会社はどのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、セクハラやパワハラを理...

【人事労務担当者向け】無断欠勤を繰り返す従業員を解雇する要件とプロセス

無断欠勤を繰り返しているという理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、無断欠勤を繰り返す...

病気やケガで休職したことを理由とする解雇が無効になるケース

病気やケガで働けず会社を休んでいたことを理由に解雇された場合、「業務にあたることができないのだから解雇されても仕方ないのか」と考えてしまう方...

この相談に近い法律相談

  • 犯罪の時効について

    特別公務員職権濫用と特別公務員暴行陵虐に時効はありますか?

  • 地方公務員法の特別職と兼業の関係について

    地方公務員法第3条で、地方公務員は一般職と特別職に分けるとされ、さらに同法第4条で 「この法律(地方公務員法)の規定は、法律に特別の定めがある場合を除く外、特別職に属する地方公務員には適用しない。」 としています。特別職として掲げる職として第3条3号3項の規定で 「臨時又は非常勤の顧問、 参与、 調査員、 嘱託員及びこれ...

  • 業務命令の裁量権濫用

     とある冤罪で懲戒処分されその一環で配置変更され、どの部署にも属さない空気社員とされました。労働審判で、懲戒は無効に、ただし業務命令はそのまま残りました。  まず、訴えたいのは、配転は業務命令でなく懲戒手続きの一環であったため無効と。  ただ業務命令であったとしても、うちの会社の労使協定では、就業規則に優先して...

  • 地方公務員の非常勤職員に関して。

    地方公務員の非常勤職員と労働法全般に関して、 以下の(1)〜(5)について少々疑問がありますので質問します。 地方公務員法の第3条第3項第3号にあたる地方公務員特別職の非常勤職員は、地方公務員法の第4条第2項により地方公務員法が原則的に適用されません。 ですから、 (1) 地方公務員特別職の非常勤職員は、労働三法(労働基準...

  • みなし公務員の兼業にあたるか否か?

    なるべく複数の回答をいただきたいと思っております。 私は、地方公務員等共済組合法2条1号に定める職員です。そこに記載のあるとおり、懲戒等は地方公務員法29条に規定しているように、地方公務員と同じ扱いを受ける者です。(いわゆるみなし公務員にあたるかと思われます。) この度、友人より兼業についての話を伺いました。内容...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

解雇の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。