1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 労働時間
  4. 勤怠
  5. 欠勤
  6. 諭旨解雇時の給与返金について

公開日:

諭旨解雇時の給与返金について

2017年02月27日
昨年の10月末にて、諭旨解雇になりました。
副業を行っていた事が原因でした。その際の調査時に、過去3年内の無断欠勤等の調査を強要され、欠勤分の給与・賞与・日当の返金を求められました。
会社の対応及び、明細の計算方法が曖昧で納得できず支払いを行っておりません。支払わなければ会社は、訴訟、新勤務先へ給与の差し押さえを行う旨の通達が来ております。
ただ、現状、無職状態でありギリギリ支払う事はできますが、生活ができません。
支払い期日も近くなっておりますが、
1.無難にこのまま支払った方がよいのでしょうか?
2.その他、対応方法があればご教授お願いします。
相談者(528572)の相談

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ありがとう
> 過去3年内の無断欠勤等の調査を強要され、欠勤分の給与・賞与・日当の返金を求められました。
> 会社の対応及び、明細の計算方法が曖昧で納得できず支払いを行っておりません。支払わなければ会社は、訴訟、新勤務先へ給与の差し押さえを行う旨の通達が来ております。

 このような場合、裁判で争った方がよいでしょう。正式な判決乃至和解で金額が決定するまで間支払をしなくてよいと思われます。

2017年02月27日 02時21分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1
ありがとう
> 1.無難にこのまま支払った方がよいのでしょうか?
> 2.その他、対応方法があればご教授お願いします。

実際に多くもらっていたのであれば返金しなければならない場合もあるかもしれませんが、計算が曖昧とか、納得できないということであれあb、とりあえず返金しないという対応はあるのかもしれません。
あとは弁護士に入ってもらうことも考えられますね。

2017年02月27日 02時26分

この投稿は、2017年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【人事労務担当者向け】無断欠勤を繰り返す従業員を解雇する要件とプロセス

無断欠勤を繰り返しているという理由で従業員を解雇したい場合、どのようなプロセスを踏む必要があるのでしょうか。この記事では、無断欠勤を繰り返す...

従業員を解雇できるケースとは…業務妨害を予告、無断欠勤を繰り返す従業員のケースをもとに解説【弁護士Q&A】

業務を妨害することを予告したり、職場の人間関係を理由に無断欠勤を繰り返したりする従業員を解雇することはできるのでしょうか。また、解雇した理由...

この相談に近い法律相談

  • 【至急】賃金支払請求書に対する会社からの回答書について

    未払い給与に対し、賃金支払い請求書を送ったところ、会社から回答書が届きましたが、納得できません。どのように対応したらよいでしょうか。 3月19日に会社側の都合でその時の代表取締役により8人の社員が解雇されました。(代表取締役自身も辞任することを発表しました。) 通常の給与支給日は28日で、退職月である3月分給与は3月...

  • 給与の未払い金の回収

    勤めていた会社を一身上の都合で退社しました。 給与の支払日に連絡を入れると、『支払いする給与は、ない』 という返答でした。 理由として無断欠勤の罰金だというのですが、日給の金額を無断欠勤の日数分だけ罰金として徴収するのは合法なんでしょうか?給与は1.5月分で約40万ほどです。 また、誓約書(無断欠勤の罰金額)に署...

  • 新設会社、雇用契約なし、給与は3回振込みがあった。

    本年9月末日の給与から振込が途絶えました。過去、3ヶ月は届け出た銀行に会社名で入金が有りました。数日前に未払給与の支払いを求めて内容証明郵便を出しました。労働審判を考えています。

  • 入社直前で給与が未払いになると宣告されました

    来月から新規に立ち上げた会社で働く予定になっております。雇用契約(面接時に録音)を済ませ、給与、出社日の確認も行い、今月末で現在の会社を退職します。 ところが昨日、来月から行う予定だった仕事が取れないことが決定し、初月の給料が支払えない可能性があるとの連絡を受けました。 生活もあり、給与が支払われない可能性がある...

  • 給与未払いに対する少額訴訟

     5月15日の給与支払日に4月分給与が支払われず、私は同日「退職願及び給与支払い請求通知書」を配達証明付内容証明郵便で送付しました。翌日午前中、郵便は事業主に到達しています。4月分給与の支払日を、文中5月19日と指定しました。また、5月15日の午後、管轄労働基準監督署へ赴き、4月分給与未払いの督促を依頼、受理さ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。