1. 弁護士ドットコム
  2. 労働
  3. 労働時間
  4. 割増賃金
  5. 労働基準法について、36協定、割増賃金

公開日:

労働基準法について、36協定、割増賃金

2019年05月13日
ベストアンサー
労働基準法についてです。

労働時間が一日8時間、週40時間と決まりがあります。超えてはいけなくて超える場合は36協定を結ばなければなりません。そして一日の労働時間が8時間を超える労働は残業となり、その超過分は賃金の割増(時給×1.25)が発生する。

↑インターネットから自身で調べたものになるので間違っていたら指摘をお願いします。

ここからが質問ですが、
36協定を結んでいても結んでいなくても8時間の労働を超える場合、その超えた時間分は賃金の割り増しになりますか?
相談者(797447)の相談

みんなの回答

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
なります。

2019年05月13日 16時52分

影山 博英
影山 博英 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
最高裁は次のように述べています(小島撚糸事件最判S35.7.14刑集14巻9号1139頁)。
「…法三三条または三六条所定の条件を充足した時間外労働ないしは休日労働に対して、使用者が割増賃金支払の義務あることは法三七条一項の明定するところであるが、右条件を充足していない違法な時間外労働等の場合はどうであろうか。法はこの点明示するところがないが、適法な時間外労働等について割増金支払義務があるならば、違法な時間外労働等の場合には一層強い理由でその支払義務あるものと解すべきは事理の当然とすべきであるから法三七条一項は右の条件が充足された場合たると否とにかかわらず、時間外労働等に対し割増賃金支払義務を認めた趣意と解するを相当とする。…」

2019年05月13日 17時37分

この投稿は、2019年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

休日出勤で割増賃金を請求できるケース、代休と振替休日の違い

前々から予定をいれ楽しみにしていた休日を前に、会社から「休日出勤」の業務命令ーー。「拒否したい」。拒否できない場合でも、せめて休日がつぶれる...

事業場外みなし労働時間制で働いている人が残業代を計算する方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

【人事労務担当者向け】裁量労働制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

「9時-17時」など固定の時間で働いている人が残業代を計算する方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

【人事労務担当者向け】事業場外みなし労働時間制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

この相談に近い法律相談

  • 労働時間の解釈と賃金請求について

     労働時間の解釈に関して質問します。  所定労働時間が7時間である会社Xでは就業規則において始業時間前(何分前等具体的記載はない)に出勤し始業前準備を行うことを労働者に対して命じている。実際、労働者(月給制正社員)は始業前に会社指定の制服(業務中の着用義務はあるものの更衣場所の限定・社外着用の禁止規定はない)に着...

  • 労働時間と年間休日の内容について

    労働時間と休日についてです。 労働時間は8時間、朝8時から夕方の17時までです。 年間休日90日です。 残業は20時間固定残業で、それを越えるとさらに残業代金がつくらしいです。 この内容は、違法な点であったり、少しおかしな点ありますか? 給料は少ないといってもいい程です。 8時間労働で年間休日90はいいのでしょうか?

  • 労働基準法の休憩時間について。

    労働基準法について。 現在7時50分から17時まで職人として働いています。 お昼の休憩時間が1時間あります。 その他に労働基準法では休憩時間はどの位まで取っていいのですか? また違反している場合はどの様に対処すれば良いですか?

  • 月給、移動時間について

    労働基準法についての質問です。 現在月給(基本+みなし残業)で勤めております。 本日、社外研修で10:00から17:30まで都内にて研修を行ってきました。 その後、電車移動に一時間かけ、会社からの命令である、会社の運営する別店舗に出勤し、18:30~20:00まで勤務してきました。ただ研修場所まで片道二時間あり、別店舗から家までも...

  • 勝手な減給について 労働基準法

    減給について質問があります。 主人は社員7人の小さな会社に働いています。 職人仕事なのですが 主人以外はキャリアが短く、先日 大きな仕事が入る前に 急に社長から 年収540万にすると言われました。社長の傲慢なやり方に辞めるつもりでいたのですが、給料が上がるならと踏みとどまりました。 条件は以下の通りです。 月 45万内、...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。