ベストアンサー

法定労働時間を下回ったぶん他の月に残業させることは可能なのか?

200人を超える事業所にて、月の労働標準時間が法定労働時間を下回った場合、
法定労働時間と標準時間との差異のぶん、次の月に残業させることは可能なのでしょうか?

職場の先輩が、工場などではそうしているため、法律上可能であるはずと言われ困っています。

私の会社は、朝9時から17時30分のフルタイムで、隔週で土曜出勤があります。
相談者(549124)からの相談
2017年05月10日 22時19分

みんなの回答

居林 次雄
居林 次雄 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
労働協約があれば、可能です。

2017年05月11日 04時44分

この投稿は、2017年05月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

事業場外みなし労働時間制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

【人事労務担当者向け】事業場外みなし労働時間制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

「フレックスタイム制」出社・退社が自由でも残業代が発生するケースは?

始業・終業の時間を、労働者が自分で決めることができるーー。「フレックスタイム制」は、その名の通り柔軟な働き方を実現する制度です。一方で、どん...

フレックスタイム制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事では...

【人事労務担当者向け】フレックスタイム制で働いている従業員から残業代を請求された場合に確認することと残業代の計算方法

従業員から未払い残業代の支払いを請求されとき、「支払う必要があるのか」「いくら支払う必要があるのか」を判断する上で、勤務形態や勤務時間を正確...

この相談に近い法律相談

  • 労働時間

    労働時間は週40時間以内と労働基準法では定められていますが、私の会社は週に47〜50時間になっています。例外があると聞いたのですが、どんな例外があるのでしょうか?ちなみに接客サービス業です。

  • 営業職で、勤務時間が普段は8時間、運転メインの時は10時間です。これってどーなんでしょう

    入社して4年になります。鉄鋼系の会社に営業として入社しました、最初の2年は現場研修で半年は工場で8時間労働、1年半は運転手として10時間労働でした。3年目からは営業職として8時間労働です。人手不足もあり、工場に出ることも多く、また運転手として外に出ることもあります。会社の主張は普段は8時間労働だけど、運転手として出ても...

  • 週48時間から40時間に是正した場合の基本給

    先日、労働基準監督署の臨検があり、雇用契約の労働時間が一日8時間で週6日間となっていたのを、週40時間に改めるように是正勧告がありました。 就業規則には、所定労働時間は、休憩時間を除き、1週間については40時間、1日については8時間以内とする。となっています。また、基本給は、原則として日給制と記載されています。 ま...

  • 残業ではない、深夜時間帯労働の割増賃金について

    深夜手当てが支給されるべきかどうかで悩んでいます。以下のような場合どうなるのでしょうか? ある企業の正社員として働いています。 就業規則によれば、労働時間は始業時間午前9時、就業時間午後5時半となっています。 休憩時間は昼の12時から13時までの1時間です。シフト勤務制ではありません。 業務の都合で深夜勤務が発生...

  • 労働基準法の時間について。

    現在、個人事業主として従業員を雇っています。 月曜〜土曜の6連勤、週一休みで仕事をしています。 労働時間は8時から夕方5時。 休憩時間は2時間とっているので、1日の実働時間は7時間です。 労働基準法によると、【使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない。 1週間の各日について...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。