弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

フレックスタイム制 : フレックスタイムとは?始業時間のトラブル

裁量からフレックスへの移行問題

裁量労働で一年間の契約をしている契約社員です。
基本給とみなし残業が給与として払われていました。
今年の四月に契約を更新したのですが、今月になって会社より、フレックスへ移行するといきなり伝えられ、覚え書きに判を押すよう言われました。
今までの給与を保つには、毎月20時間以上の残業をする必要があります。実際には自宅などでも仕事をしているので20時間は超えると思いますが、それが残業として認められるかはわかりません。つまり、今までの給与を保つには、残業が前提になります。
会社に、今年契約した金額は保証してもらいたい旨を伝えましたが、そのためには基本給を上げる必要があるから無理と言われました。
これは不利益として違法行為とはならないでしょうか?もし違法ではないのならどうにか今までの給与を保証してもらえる手段はありませんでしょうか?ご教示くださいませ。
途中で契約条件を変えるためには,基本的に労働者の同意が必要になります。
同意なく変更できません。

maruさん
2013年06月24日 23時15分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう

2013年06月25日 04時18分

この投稿は、2013年06月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

フレックスタイム制とは:メリット・デメリット

フレックスタイム制とは、労働者が出退勤時刻と1日の労働時間を自由に決定できる制度です。そのため「始業から必ず8時間労働すること」などの出退勤時...

裁量労働制とは:制度とメリット・デメリット

裁量労働制とは、正確には「裁量労働みなし労働時間制」のことです。労働時間を、実労働時間ではなく「みなし時間」で計算します。労働基準法で定めら...

みなし残業とは

みなし残業制度とは、事前に予想される残業時間分の残業代を固定で支払う制度です。月の残業時間数をあらかじめ定めておくため、実際の残業時間が時間...

裁量労働制の残業時間や残業代の扱いは?

裁量労働制の場合、基本的には何時間働いても「みなし労働時間」が採用されます。時間外労働という概念がないため、残業代は支払われません。ただし、...

裁量労働制における遅刻の扱いは?

時間の融通が効き、自由な働き方ができるという点で、裁量労働制は最もフレキシブルな制度です。出退勤の時刻について労働者が自由に調節できるため、...

この相談に近い法律相談

  • フレックスタイム制の使用制限について

    フレックスタイム制は「労働者各人が始・終業時刻を自主的に決定する制度」だと思うのですが、 当社は業務以外の理由でのフレックスの使用が禁止されているようです。 どうやら、「就業規則、労使協定に従い、自主的に決定する」と解釈しているようで、 就業規則、労使協定等に「業務以外での使用を禁止する」旨を記載することにより...

  • フレックス制のベンチャー企業で残業代が出ません

    入社して2年が経ったのですが、残業代が一度も支給されていません。 会社は、フレックス制・年俸制採用です。 上司による残業指示や帰社指示もなく、仕事が納期までに終わるなら帰って 構わないという暗黙のルールのもと、毎日働いてます。 (「今日も遅くまでやってるねぇ」等と上司から言われてます) おおよその実働時間は「1...

  • フレックスタイム制の会社側の取り決めについて

    私の会社ではフレックスタイム制が採用されているのですが、就業規則の中に正しいのかわからない内容があるのでご教示いただきたく思います。 就業規則自体はここに記載できないので私の解釈となりますが ①フレックスタイム制の対象者は労使が協定し定めているのですが、会社側の都合により一時的に一方的にフレックスタイム制の適...

  • フレックスタイム制・リモートワークの導入について

    フレックスタイム制・リモートワークの導入を検討しています。これから就業規則を作ろうと考えています。どのように作っていけば宜しいでしょうか?また、導入事例などについて知見をお持ちでしたらお教え頂けましたら幸いです。 私は小さなウェブ系開発会社を経営しているものです。現状は雇用契約書で一般的なフルタイム勤務の時間...

  • こんなフレックスタイムの使い方はおかしいのでは?

    フレックスタイム制度について是非とも弁護士の先生方のご見解をお聞きできればと思います。 私の会社では昨年1月一臂よりフレックスタイム制が導入されました。しかし、その運用方法に納得できない点があります。私の会社では残業をすれば“一応は”残業代が出ます。しかし、翌月以降に残業時間を相殺するように担当部署から指示が出...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

フレックスタイム制の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 介護保険法改正で自己負担が2割から3割に…背...
  2. うつ病から復帰後、昇進の打診…「ストレス、...
  3. 社長が同僚に「お前は赤ちゃん以下」と罵声…...
  4. 「社会保険料が高くなるから、春に残業するな...
  5. 実績、選考状況の嘘…就活で経歴「盛る」学生…...
  6. ほっともっと店長「名ばかり管理職」訴訟、静...
  7. 残業、月100時間未満「過労死なくならない」...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。