専門業務型裁量労働制の残業代について

公開日: 相談日:2021年10月03日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
専門業務型裁量労働制の残業代についてご教示ください。
弊社ではコンサタントとエンジニアに専門業務型裁量労働制を適用しております。
みなし労働時間は8時間としております。
その際の残業代の取り扱いについて教示ください。
1日のみなし時間を決める必要がある認識です。
弊社では1日のみなじ時間を8時間としております。
4時間勤務しようが10時間勤務しようが8時間労働したこととみなすのは知っておりますが、この場合みなし時間=8時間を超えた場合の残業代の支給は不要なのでしょうか。

【質問1】
専門業務型裁量労働制の場合の残業代支給について。
1日8時間のみなし時間と決めている場合、8時間を超えて労働した分は、
8時間勤務したものとみなし、残業代の支給はなくて良いのでしょうか。

1070843さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました