バイトの休憩を長くとってしまったかもしれません

公開日: 相談日:2020年10月20日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

アルバイトの休憩について

アルバイトでの休憩時間についてですが、
規定よりも長い時間、休憩をとっていたかも
しれないということに先ほど気づきました。
本日は僕の出勤日ではないので、
上司が出勤すると思われる時間に
電話で相談してみようと思います。

①万が一、規定より長く休憩を取っていたら
 何らかの処罰の対象になるでしょうか?

②長く休憩をとってしまった分のお金は
 どのようにお返しすればよいでしょうか?

965421さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都8位

    大木 怜於奈 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと存じます。

    > ①万が一、規定より長く休憩を取っていたら何らかの処罰の対象になるでしょうか?
    ⇒刑罰の対象とはならないので、処罰を受けることはございませんのでご安心ください。

    > ②長く休憩をとってしまった分のお金はどのようにお返しすればよいでしょうか?
    ⇒受け取ることに納得できずお返しするという場合、とくに返金方法の定めはないので、会社側に申し出て、現金での返還や、翌月の給与で調整的に相殺するといった方法があるかと存じます。

    ご参考になれば幸いです。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    ご不安のこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    > ①万が一、規定より長く休憩を取っていたら
    >  何らかの処罰の対象になるでしょうか?

    →意図的にタイムカードを水増ししたり、休憩時間を労働時間であると申告すれば、詐欺罪になる可能性がゼロではありませんが、故意ではなく過失(ミス)であれば、詐欺罪は成立しません。

     したがって、刑事罰などの処罰の対象にはならないと考えます。

     ただ、就業規則の規定内容や、誤って休憩を多くとってしまった頻度や態様によっては、職務怠慢にあたるとして、戒告などの懲戒処分の対象となる可能性はあるかもしれません。

    > ②長く休憩をとってしまった分のお金は
    >  どのようにお返しすればよいでしょうか?

    →特に法律などでの定めはありませんので、会社と協議の上で返金方法を決めることになります。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから