休憩時間?

公開日: 相談日:2011年12月07日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

使用者側としての質問です。

うちの会社の受付のことなんですが、昼休みの時間が
1.12:00〜13:00
2.12:30〜13:30
という30分の時間差で交代制となっていました。

1.で休憩に入った人が食事を済ませて戻ってきたら、2.の時間帯の人が交代で休憩に入るというやり方です。

受付で休憩をしてるんですが、昼休みの休憩中にたまに電話が鳴るときがあり、対応もしないといけないことがあります。

けど、基本的にお茶をしながら、お菓子を食べています。

そんな中、昼休みの休憩時間が30分の時間差で交代となっていますが、ちゃんと1時間の休憩を取りたいという訴えがあったので、1時間の差を付けて休憩できる様に休憩時間を変更しました。

1.11:30〜12:30
2.12:30〜13:30

上記の様な時間帯で休憩する様に変更をしました。

その後、問題なくやっていたんですが、急にその社員が「今まで、ちゃんと1時間の休憩が取れてなかったので、30分間の時給を未払い賃金として、過去2年分を請求します。払わないなら、労働基準監督署に訴えにいきます。」と言ってきました。

社員の言う「30分はちゃんと休憩はしてますが、残りの30分は、電話が鳴る可能性もあるから、休憩が出来てない。」という訴えは、わからないでも無いので、休憩時間を変更しました。

ただ、お茶して、お菓子を食べながら、雑談をして休憩は取れてたと思います。

電話だって、頻繁に鳴る訳じゃないし、鳴らない日もあります。

そんな感じなのに2年分も払う必要はあるのでしょうか?

もし労働基準監督署に訴えられたら、どうなるのでしょうか?

94659さんの相談

回答タイムライン

  • 藤田 宏 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    休憩というためには、労働義務から解放された状態でなければなりません。

    「昼休みの休憩中にたまに電話が鳴るとき」があり、「対応もしないといけない」ということですが、それが労働義務がある状態、電話対応しなければならない命令下に置かれた状態と評価されるなら、その分の賃金を支払わなければならない可能性があります。

    労基署に訴えられたら、そのあたりの事情を確認してくるかもしれません。

この投稿は、2011年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「休憩時間」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから