休憩時間をとる時間について

休憩時間はいつとらせても違法となりませんか?例えば、8時間労働で始業30分後に1時間とらせて残り7時間半ぶっ通しでも労働基準法等に引っかかりませんでしょうか?
2017年01月15日 22時38分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ありがとう
労働基準法第34条では「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」とされ、「途中に」と明記してあります。ですから、働く前とか、働いた後とかでは休憩とはなりませんん。

2017年01月16日 05時43分

相談者
始業30分後ですから一応途中にはなると思われますがどうでしょう?

2017年01月16日 05時52分

この投稿は、2017年01月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】待機を求められ眠れない仮眠時間は給料を請求できる?

長時間勤務がある職場では、一定の仮眠時間が設けられている場合があります。しかし、実態としては仮眠をとることができず、業務に拘束されているケー...

事業場外みなし労働時間制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

「変形労働時間制」の仕組みと残業代が発生するケース・計算方法

勤務形態のひとつとして、「変形労働時間制」という仕組みがあります。労働時間について、「日・週」単位ではなく、「ある一定期間の週あたりの平均労...

「9時-17時」など固定した時間で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

この相談に近い法律相談

  • 労働基準法にあたるのでしょうか

    私が前働いていた会社は朝9時から夜の22時や朝10時から22時にまで働かされました。休憩時間はいつもばらばらでした。労働基準法では8時間労働ですがこの場合は労働基準法になるのでしょうか。

  • 終業時間と休憩時間

    現在10時から6時が営業時間、60分の休憩時間がですが 終業時間を6時15分に延長するために、75分の休憩時間にして 1日の所定労働時間は変更させない方法は、労働法上適法ですか? なんか終業時間が遅くなるのも損したようですが。。。

  • 仮眠をとったという理由で、解雇されそうになっています

    24時間営業施設で労働しております。 2交代制、17時間休憩なしで連続で働き、31時間後にまた出勤するの繰り返しです。ちなみに月では255時間労働です。 これは労働基準法の『使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。 使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間...

  • 労働時間について困っています

    最近正社員で入った職場が、朝8時から夜9過ぎまで勤務時間となっており、休憩も仕事がちゃんとできないという理由で、休憩もろくに取れません。 給料の支払いなどの詳細も知らされていませんし、契約書に署名、印鑑も押してません。 これは一日8時間以上の労働と週40時間以上の労働は、基本的にはいけないということに、違反...

  • 時間外労働について。このことは,法律上許されるのですか?

    時間外労働について質問します。 私は,週休二日制(土・日・祝日)の8時45分から17時15分までの勤務です。 この度,会社から土曜日の8時45分から翌日日曜日の12時45分まで(夜間も就労)しなさいと,命令がありました。このことは,法律上許されるのですか?夜中も寝ないで働かせることに疑問を持ちました。回答よろし...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

休憩時間の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。