労働基準法における休憩時間

公開日: 相談日:2016年06月25日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー


労働基準法において

10時間を超える労働時間に対して
1時間15分の休憩時間はどうなのでしょうか?

以前実働8時間に対して昼1時間、夕方30分で
1時間半あったので・・・

上記両方に対して説明頂けると有り難いです

463613さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    労働基準法では、使用者は労働者に対して、労働時間が6時間を超え8時間以内の場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならないとされています。
    なので、1時間15分の休憩時間でも労働基準法上は問題がないと考えます。
    また、休憩時間の付与は一括で行っても分割で行っても問題はありません。

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから