休憩時間について

私は運転手をしています。休憩時間ですが、労働基準法だと労働時間ないなら何時でも休憩取れるとなっていますが、出社して1時間労働したところで休憩を取るというのは駄目なんですか?会社的には出社して直ぐに休憩を取るのは疲れていないだろう?って考えで認めてくれません。昼にまとめて取るのは仕事上厳しいのでそこで休憩を取ったのですが・・・
2015年03月01日 10時03分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
>労働基準法だと労働時間ないなら何時でも休憩取れるとなっていますが、

そうはなっていません。職場ごとに一斉に休憩時間を取るのが原則です。

2015年03月01日 10時08分

相談者
運転手は休憩時間を分けて取れるとの事も記載されていますが?
そうなると労働基準法は矛盾してますね?

2015年03月01日 21時30分

この投稿は、2015年03月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】待機を求められ眠れない仮眠時間は給料を請求できる?

長時間勤務がある職場では、一定の仮眠時間が設けられている場合があります。しかし、実態としては仮眠をとることができず、業務に拘束されているケー...

労災で過労死と認められる基準l長時間労働による脳・心疾患で死亡した場合

家族が長時間労働などの過労により脳・心疾患となり死亡した場合、いわゆる過労死として、労災保険から遺族年金などの補償が受けられる可能性がありま...

この相談に近い法律相談

  • 勤務時の小休憩の取得について。泣き寝入りしかないのでしょうか?

    正社員で働いています。 平社員の際に小休憩が10分、午前と午後にあったのですが、一つ上の位になった際、上司に「小休憩は無いと考えてて」と言われ、小休憩は1~2ヵ月取っていませんでした。 ここ最近、同じ立場の人が増えた際、「小休憩もう1回分増えるんですね」と言われ、別の上司に確認したところ、「小休憩は3回とっていい」と言われ...

  • 休憩時間中の仕事

    現在、パートタイマーをしています。 定時まで働くと7時間半勤務なのですが、現在は子供のお迎えがあるので、6時間に時間短縮しています。 私と同じ職務内容の方たちは、7時間半にプラスいくらかの残業をしています。 毎日お昼休みの休憩を半分以上費やしていたり、それだけでは時間が足らずに、やむを得ず残業したりしているのが...

  • 職場での仮眠時間。このような場合未払い分として請求できますか?

    ご回答よろしくお願いします。 勤務先で仮眠がある夜勤をしています。 仮眠中は何かあれば対応しないといけないので時給を支給されています。 しかし、仮眠中に休憩として一時間ひかれていて、会社に聞いたら仮眠中一時間半自由に使える時間があると言われました。しかし今まで一年以上勤務していて休憩をとるように指示されたこと...

  • 毎日休憩時間が取れず、残業を前提とした仕事。改善要求しても聞き入れられず。どうすればいいでしょうか。

    お世話になります。休み時間が時間通りとれなかったり、なかったりします。車やバイクなどで配達する仕事です。朝も早朝から、夜は日が暮れて、勤務が終わっても応援で駆り出されることもあります。 人が減っても補充されず、一人の負担が増えるばかりです。 残業代は一応出ていますが、休憩時間、残業後の15分休憩は建前として取ら...

  • 有給休暇について。これから先も休めないのでしょうか?

    今勤めている会社は、有限会社です。労働契約書はなく、入社した際の面接時に口約束でした。その際、私はハローワークの求人票を持参していたのでそれを見て、面接していた社長も私の求人票に指差して、「それでいいよね」といいました。私もその際返事をしました。その求人票には、有給休暇ありと記入されており、6か月がたちましたの...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

休憩時間の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。