労働時間が断続となる場合の賃金について

労働時間についてです。医療機関で9:00~18:00 途中休憩時間1時間の勤務時間、夜間の診療もある関係で午後12:00~21:00という交替勤務(遅番) 途中休憩時間1時間 もあります。
しかし、午前と夕方が一番忙しいので勤務シフトによっては 9:00~13:00 で一旦切って17:00-21:00までという断続的勤務をしていただく場合があります。一日の労働時間は8時間を超えず、続けて勤務するときと同じ条件ですが、このような働き方は違法となりますか? つまり間も「拘束」として賃金を払うべきではないかという意見が出ています。
2016年10月26日 16時01分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県2
ベストアンサー
ありがとう
> つまり間も「拘束」として賃金を払うべきではないかという意見が出ています。
:使用者の指揮命令関係が及んでいるかどうかが問題になります。13:00~17:00の間,どこにいるのか。病院内での待機なら指揮命令が及ぶと考える方向に傾きますが,自宅待機でも呼び出しがあれば即行かなくてはならないとか,場合によってやはり指揮命令が及んでいると評価されることもあるでしょう。実体に基づいて判断する必要がありますので面談での相談の方が適当かと思います。
 仮に指揮命令関係が及んでいれば,その間は「労働時間」となります。賃金の他残業の問題にもなりかねません。

2016年10月26日 17時40分

相談者
間の時間は完全に自由時間です。呼び出しもありません。なのでどこにいても、何をしていても自由です。だから労働時間に入れなくてもよいのではないかと思うのですが。法律を知らないために依頼をするのが不安なのです。

2016年10月26日 18時06分

相談者
早速の回答ありがとうございました。

2016年10月27日 09時48分

この投稿は、2016年10月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

事業場外みなし労働時間制で働いている場合の残業代の計算方法

「自分の未払いの残業代がいくらか」を計算するためには、自分の勤務系形態や労働時間、残業時間を正確に把握して計算する必要があります。この記事で...

「変形労働時間制」の仕組みと残業代が発生するケース・計算方法

勤務形態のひとつとして、「変形労働時間制」という仕組みがあります。労働時間について、「日・週」単位ではなく、「ある一定期間の週あたりの平均労...

この相談に近い法律相談

  • 1日2回勤務の休憩時間について

    同一日に、6:00~10:00(4時間)勤務し、帰宅後再出勤し、16:00~20:00(4時間)の勤務を行なう場合、1日の総労働時間は8時間となりますが、4時間づつの勤務時間内に休憩合計1時間(或いは45分)を取得する義務はありますでしょうか。

  • 会社の労働時間と休日について

    今、勤めている会社は基本週6日勤務です。 月曜日から土曜日までが基本勤務で、6日間のうち5日間は10:00~20:00の勤務が基本ですが実際は9:30までに会社にいること、20:30に勤務終わりということなので今の勤務状況では9:30~20:30(休憩は1時間の昼休みと15分の休憩が2回の合計1時間30分)残りの1日はノー残業デーで10:00~...

  • 夜勤を含めた勤務体系が法令違反かどうか

    68歳 (ビル管理)の勤務体系に法令違反があるかご教授願います。 9時始業 時給制 泊まり→泊まり明け日勤→休みのローテーション(社員は4人) 09:00-12:00 勤務 12:00-13:00 休憩 13:00-18:00 勤務 18:00-19:00 休憩 19:00-24:00 勤務 24:00-06:00 仮眠(仮眠中に1時間ほど仕事が入るときもあるが、仕事があれば報告している) ...

  • 未払いの残業代請求について。このようなときは月曜から金曜までで40時間勤務していることになります。

    未払いの残業代請求をしようと考えています。 9ヶ月間アパレル会社に正社員として勤めていたのですが、その際の残業代は一切貰っていない状況です。 月に平均60時間の残業していました。 私が働いていた会社の内容は 月給18万円 勤務時間 9:00-18:00(休憩1h) 月2回 土曜日出勤あり 土曜日の勤務時間 9:00-17:00(休憩1h) ...

  • 労働時間の解釈と労災認定についての質問です。

    労働時間についての質問となります。勤務時間は8:30-17:00となっており、通常の日帰り出張では、出張先で17:00を超えて仕事をする場合は、17:00から勤務終了時刻までが残業となります。 ところが、出張先での勤務開始が10:00になるため、勤務時間を10:00から18:30に変更してほしいと上司に言われたため了承をしていました。しかし、同...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

労働時間の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  2. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  3. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  4. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  5. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  6. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  7. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。