過去のスピード違反による公務員内定の取り消しについて

地方自治体の職員として内定をいただきました。
犯罪歴、公務員欠格事由の照会があるそうなのですが、2年前のスピード違反(簡易裁判にて罰金、免停)により内定が取り消されることはありますでしょうか。
他、禁固以上の前歴等はございません。
B.N.bncさん
2016年03月02日 13時33分

みんなの回答

奥村 徹
奥村 徹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府6
ありがとう
前科照会をする自治体としない自治体があって、
その際、回答する役場が、欠格となる禁錮以上に限って回答する場合と、罰金前科も回答してしまう場合があって、
罰金前科も回答されてしまうと、裁量の範囲で、参考にはされると思います。
 なお、公務員の場合は、民間と比べて内定取消しやすいと解釈されています。

注解法律学全集5
国家公務員法地方公務員法
実際の採用事務においては,採用発令日の相当以前に,採用予定者に対して「採
用内定」の通知がなされているが,この通知は,一般的には,単に採用発令の手
続を支障なく行うための準備手続としてされる事実行為であって,法律上の効果
を有するものではない。従ってこの通知によって職員としての身分を取得した
り,あるいは任命権者において採用すべき義務を負うことはない

2016年03月02日 14時00分

この投稿は、2016年03月02日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,246名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

残業代請求に必要な証拠 タイムカード以外で勤務時間を証明する方法

未払いの残業代を請求するためには、どのくらい残業したのかを示す証拠が必要です。どのようなものが証拠になるのでしょうか。「[みんなの法律相談](ht...

退職時に研修費用や留学費用を返すよう求められたら支払う必要はあるのか

会社によっては、就業規則で「研修を実施した後、半年以内に退職する場合は、研修費用を全額返還すること」といったルールを設けているところがありま...

セクハラを受けてうつ病に…労災と認められるための基準は【弁護士が解説】

上司や同僚からセクハラ発言を浴びせられたり、体を触られたりするなどして、うつ病などの病気にかかった場合、労災認定は受けられるのでしょうか。「[...

アルバイトでシフトを減らされた場合に賃金を請求できるケース

アルバイトなどで働いていて、働く意欲はあるにもかかわらずシフトに入る日数や1回のシフトの時間を減らされた場合、シフトを元の日数に戻すよう会社に...

未払い残業代を会社に支払ってほしい…役立つ「証拠」は何か

未払いの残業代・割増賃金を会社に請求したいと考えた場合、「どのくらいの時間残業していたのか」ということを客観的に示す証拠をそろえる必要があり...

この相談に近い法律相談

  • 前科とは?またそれを取得した場合の罰則について

    お世話になります。 色々ニュースとか読んでいる中で気になったことがあったので、質問させてください。 簡単に言えばに罰金刑以上の刑を受け、確定した経験があることを「前科」と言いますよね。 では、以下のは「捜査機関からの罰金命令」ではありますが、前科に当たるのでしょうか。 ・路上駐車で切符を切られて、後日いく...

  • ヘイトスピーチ規制法(仮名)に罰則規定を付け加えた方が・・

    本国会でヘイトスピーチ規制法(仮名)が出来るとされています。 ところが、罰則規定について相談です。 現在罰則規定を付けていないものとなっています。 大阪市で路上喫煙に千円の罰則規定を付けています。 ヘイトスピーチ規制法の罰則規定は、罰金30万円~懲役2年程度が望ましいのでは? 如何でしょうか?

  • 体罰に対しての懲戒処分を規則等で具体的に定めることは許される?

     体罰についてはマスコミ等に取り上げられるような悪質なケースであっても戒告や減給程度の処分で終わってしまうことが多いですが、懲戒権者の裁量を制限するような形で、体罰に対しての懲戒処分を学校教育法施行規則等で具体的に定めることは許されるのでしょうか? 例えば 傷害罪で有罪:懲戒免職 暴行罪で有罪:原則懲戒免職...

  • 公務員の採用前の行為と信用失墜

    公務員が就職前に行った犯罪について質問です。 地方公務員法による懲戒免職ですが、もし犯罪行為が公務員に採用される前かつ公訴時効が成立していたら不問とされるのでしょうか。 大学生の頃、大好きであったアーティストのコンサートに参加するため、他人名義チケットを入手、友人と偽造免許証を使い本人確認を突破して入場した...

  • 交通違反による内定取り消しについて

    内定取り消しについてです。 内定をいただいた後に速度違反(20キロオーバー)で捕まった場合、 一般的に内定取り消しの理由となるのでしょうか。 内定をいただいた会社では、車を使用する業務は行いません。

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

内定取消の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  2. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  3. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...
  4. ベネッセ個人情報流出、東京地裁が請求棄却「...
  5. 過労死遺族、官邸前に座り込み…高プロに反対...
  6. メディア業界のセクハラ、半数が同業者から ...
  7. 日本郵政、正社員の手当廃止で論議…梅田弁護...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。