内定取消しについて

公開日: 相談日:2012年11月09日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

初めて投稿をさせていただきます。

9/8 インターネットより応募
9/14 面接
9/30 企業よりメールにて内定通知
内定通知内容には、給与・手当・雇用保険・社会保険加入の記載あり。入社日は私が在職中のため、退職日が決定後に相談と記載がありました。
10/5 私よりメールにて退職日および入社可能日を連絡。退職日は11/13。入社日は11/15。
10/10 企業より10/末退職、11/1入社で対応ができないと入社を取り消すと一方的に連絡。
この時点で初めて11/1入社が条件と告げられました。
10/12 私よりメールにて引き継ぎの関係上対応できないので、当初の連絡通り11/15入社で何とかならないかと相談。
10/12 企業よりメールにて11/1入社に対応できないため内定取消しと連絡。

募集要項、面接時の説明、内定通知では11/1入社が必須条件ではなく、入社日は退職日に合わせて相談するとの説明で進んでいました。
私は、現在の会社を退職することが決まって職場に残ることもできません。退職理由は自己都合になり、失業保険を受給するまで3カ月以上の期間もあります。
今から就職活動をしても、すぐに見つかる保障もなく路頭に迷っていしまいます。


このケースは内定取消しとして企業に責任はないのでしょうか?企業に責任がある場合、内定取り消しの慰謝料請求など可能でしょうか?
企業とのやり取りはすべてメールにて残っています。

泣き寝入りするのも悔しいので相談をさせていただきました。


149023さんの相談

回答タイムライン

  • 小池 拓也 弁護士

    注力分野
    労働問題
    タッチして回答を見る

    9月30日に内定が出ているということは,この時点で労働契約としては成立していて,始期だけが「退職日が決定後に相談」とされている,ということになります。

    したがって,内定取り消しは解雇ということになりますので,客観的合理的理由を欠き社会通念上相当といえない場合には,内定取り消しは無効です。

    始期が「退職日が決定後に相談」とされているのに,一方的に11月1日を就労開始日と指定し,これに応じることができないからといって解雇したのでは,客観的合理的理由が欠けていることは明らかです。

    よって,内定取り消しは無効です。

    この会社で働きたいならば,地位確認の訴訟か仮処分を申し立てるのがよいです。
    解決金をとれれば,というのであれば,労働審判を申し立てるのが手っ取り早いと思います。
    ご検討ください。

  • 相談者 149023さん

    タッチして回答を見る

    小池様

    丁寧なご回答ありがとうございます。
    今後、地位確認・解決金を検討したいと思います。
    また、解決金を企業へ求める場合、労働審判を申し立てるほか、企業へ直接内容証明などで請求することは可能でしょうか?

  • 小池 拓也 弁護士

    注力分野
    労働問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    内容証明郵便一本で解決金支払に至るような会社であれば,内容証明郵便を出す意味はありますが,いかがでしょうか。

    労働審判を申し立てるのであれば,わざわざ内容証明郵便を送らなくてもよいようにも思います。

  • 相談者 149023さん

    タッチして回答を見る

    小池様

    ご回答ありがとうございます。
    解決金というよりも取消したことを素直に謝罪してもらいたいだけなのですが、企業側の都合のみ正当化しているので。

    参考にさせていただき今後の対応を検討したいと思います。

    ありがとうございました。

この投稿は、2012年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す