昼休みでの私用のパソコンの利用について

公開日: 相談日:2021年01月15日
  • 2弁護士
  • 2回答

転職したばかりの職場で昼休みに会社のパソコンでフリーメールを使っていたら、
経営者が「うちはセキュリティが厳しいから、フリーメールは引っかかって送信できないと思うよ」
と言われ、翌日、経営者の秘書から「インターネットなどを見るのはいいけど、メールしたらクビになっちゃうからね!!」と罵倒されました。

それ以来メールはしていませんし、インターネットなどはいいと言われたので使っていたのですが、今日、入社以来のパソコンのアクセス履歴をとったら、私がやっているブログを見つけたと言われ、
ブログと履歴書を突合したところ、パートで短期に働いていたことなどが履歴書に洩れている、経歴詐称ではないかと言われました。
また、「ブログに職場や家庭、投資のことなどを書いていて、内容がディープだ、うちのことをかかれたら
困る。投資で失敗したこともあるようだし、人間性を疑う。今退職届を出したらいいが、しぶれば
懲戒にした上、転職サイトやハロワにもこういう事例があったと通報する。ブログはデータでも紙ベースでも全部取った」と言われました。

経営者は激情型でみんなの前で吊し上げみたいなことを平気でする人なので、そのまま自己都合で退職することにしたのですが、一方的に人間性を否定されて、業務には支障はでていないのに納得できません。

なにか経営者側の落ち度を追求することはできないでしょうか?

988043さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    群馬県1位

    滝 悠樹 弁護士

    注力分野
    労働問題
    弁護士が同意
    2
    タッチして回答を見る

    確かに、みんなの前で、日常的に罵倒することや、吊し上げみたいなことを平気でするようなことは、経営者として(それ以前に、一個人として)、非常にいかがなものかと思います。

    但し、それらの責任を追及していく上では、出来るだけ証拠を集めて頂いた方がいいでしょう。

    そのため、それらの状況について、録音やメールなどで証拠を集めて頂いた方がいいと思います。

    その上で、労働問題に精通しているお近くの弁護士に、一度相談してみてはいかがでしょうか。

    相談の結果次第で、経営者に対して、どのような請求をしていくのか考えて頂いてもいいでしょう。

    ご検討頂ければと思います。

この投稿は、2021年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

関連度の高い法律ガイド

「経歴詐称」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから