ベストアンサー

前職、雇用形態の記載について。経歴詐称になりますか。

前職の雇用形態が非正規雇用(契約社員・準社員)の場合
転職時の履歴書に

◯◯会社 入社 ◯◯会社 一身上の都合により退職

のように雇用形態を記載しなければ

1.経歴詐称にあたりますか?
2.解雇理由になりますか?

・正社員面接
・面接時に雇用形態の質問は無し
・業務内容に関してはありのままを返答

よろしくお願い致します。
2018年12月17日 22時46分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ベストアンサー
ありがとう
> 1.経歴詐称にあたりますか?

あたりません。
>
> 2.解雇理由になりますか?

なりません。

2018年12月18日 07時28分

この投稿は、2018年12月17日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】転職の面接で病歴を伝えないことは経歴詐称になるのか

持病などの病歴がある場合、転職時の面接で正直に伝えなければならないのでしょうか。病歴を伝えずに採用され、後から病歴が発覚した場合、経歴詐称を...

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

アルバイトが有給休暇をとれる条件…正社員に昇格しても権利を引き継げる?

有給休暇は、正社員でもアルバイトでも、一定の勤務条件を満たせば取得することができます。ただ、アルバイトとして働いている人の中には、有給休暇に...

正社員のはずなのに「業務委託契約」を求められたときの注意点

「正社員として入社すると思っていたのに、契約書には『業務委託』と書かれていた」「正社員で入社したのに、途中から業務委託に切り替えてほしいと求...

この相談に近い法律相談

  • 雇用形態の詐称。アルバイトを正社員に

    雇用形態の詐称は解雇事由にあたりますか? 職務内容は正社員と同じでしたし、ボーナスや厚生年金もありました。

  • 経歴詐称?して入社した社員の処遇について

    中途入社した社員Aについてです。 弊社では面接時に以下のように質問します。 過去に風邪以外で仕事を休むような病気になった事はありますか? Aはありませんと答えました。 弊社では過去に採用前に鬱病を患った者を採用した事があります。その者は無断欠勤などが酷くなり試用期間内に退職いただいております。 その経験から精神...

  • 履歴書の経歴詐称について

    履歴書の書き方について教えて下さい。 会社を辞めていただきたい。と言われ退職→書類は自己都合退職で処理。 このような場合、次の就職活動の時の履歴書に一身上の都合による退職と記したら、経歴詐称に当たりますか?

  • 経歴詐称による懲戒解雇

    前科があった為入社時の履歴書に刑務所に居た期間を偽の経歴を書き入社した。 その後、経営者から度々事件は起こすなよと声をかけて頂いていたので前科の事を知っていて雇ってくれていると思い一生懸命に約2年間働いた。 もちろん、入社時は年度の半ば時期だったのでその年の年末調整時に前年度の源泉徴収かあるいは所得証明の提示を...

  • 会社のHPで、社員の経歴を詐称して載せています

    会社がHP上で、社員の経歴を詐称して載せています。私は、その人の経歴を知っているので、その人に確認しましたが、その人自身も知っていながらそのままにしているようです。お客さんは、その経歴を見て高いお金を出してでも治療を受けに来ています。騙してまでもお客さんを獲得しようという考えが私には理解ができません。このような...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

経歴詐称の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。