履歴書「賞罰欄」への懲戒処分の記載について。

地方公務員です。来年の3月末で定年退職予定です。10年ほど前に地方公務員法に基づく戒告の懲戒処分(信用失墜行為)を受けました。再就職先を自身で探しており、ここならという所が三つありました。いずれも提出する履歴書は指定様式です。そこで指定様式の「賞罰欄」が次の場合、それぞれ「懲戒処分(戒告)」のことを書かなければいけないのでしょうか。
1.賞罰(職務上の賞罰を含む)
2.賞罰
3.賞罰欄なし
また、賞罰欄なしの所であっても私の経歴を見れば年度途中での不自然な人事異動歴から何かがあったことはわかります。面接で聞かれた場合正直に答えなければならないでしょうか。
6月中には履歴書を提出しますので急ぎ御回答いただけますと幸いです。よろしくお願いします。
2018年06月25日 13時25分

みんなの回答

岡村 善郎
岡村 善郎 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 鹿児島県2
ベストアンサー
ありがとう
> 戒告の懲戒処分(信用失墜行為)
懲戒処分の中で,一番軽い処分ですね。
これを履歴書に記載し,その内容を説明しても受け入れない会社は,こちらからお断りだと断念するくらいの気持ちで宜しいのではないでしょうか。

むしろ,履歴書に記載せず,採用後に,不実記載だと指摘されるのではないかとビクビク脅える方が精神衛生上良くありません。

2018年06月25日 13時39分

この投稿は、2018年06月25日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

この相談に近い法律相談

  • 履歴書の賞罰について

    2年前に障害事件を起こしてしましました。 示談が成立し、不起訴処分となっております。 現在転職を考えておりますが、上記は前歴にあたると思われます。 履歴書の賞罰に記載する必要はありますでしょうか。

  • 履歴書の賞罰について

    5年2ヶ月前に自動車運転過失致死で罰金刑を受けました。 刑法34の2第1項に、「禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで10年を経過したときは、刑の言渡しは、効力を失う。罰金以下の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得た者が罰金以上の刑に処せられないで5年を経過したときも、同...

  • 転職に伴う誓約書関連及び履歴書・職務経歴書に関して

    通常転職に伴い、新しい会社に入社する時に誓約書を書かされると思いますが、その誓約書の中に「履歴書・職務経歴書は間違いないです」との記載がよくあると思いますが、仮にその誓約書にサインをしたとします。(通常は誓約書にサインを拒否する事は不可能に近いと思われます) そして、履歴書や職務経歴書の記載で、例えば、今までに...

  • 履歴書。職務履歴書。

    履歴書。職務履歴書を空白期間 転職回数の多さの負い目から 印象の見栄えで短期間の仕事は 書かなかったり空白を弱冠ごまかしたり することは法律上罰せられますか?

  • 履歴書の経歴について 

    履歴書の経歴につきまして相談です。 履歴書から、都合の悪い経歴を削除した場合は経歴詐称となり、解雇もありうるのでしょうか? 知り合いの男性で現在30才ですが既に3回転職した人がいます。4回目の転職の面接の時、3回の転職履歴のうち、会社の内容に関係の少ない一回を削除して書いたそうです。(言われていた仕事と相違があり、2...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

履歴書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。