6月以前の内々定は労働契約法違反なのか。

現在、大学4年生の者です。
3月から就職活動を始め4月末に内々定を頂きました。
しかし、親が地元ではない会社であるために反対しています。反対の言葉だけでなく、弁護士を雇って訴訟を内々定先に起こそうとしています。
訴訟内容は「経団連の定める選考期間の6月以前に内々定を出し、かつ承諾の猶予期間を5月中旬に設定した。以上により、娘の就職活動を妨害した。これらは労働契約法違反である。」
ということです。もちろん、自分自身は全く妨害されたと思っていません。むしろ、第一志望の会社に受かって良かったです。あと、オワハラはされていません。口頭での承諾面談は5月中旬でしたが、正式に内々定書を頂いたのは6月1日付です。また、6月3日以降に改めて内々定を承諾するかを改めて書面で聞かれました。他のオワハラをしている会社に比べると良心的です。質問です。

1 親の訴訟内容は本当に労働契約法違反ですか。
2 6月以前に内々定を出すと法律違反ですか。
2019年07月23日 00時16分

みんなの回答

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ご相談、拝見いたしました。

労働契約は、基本的に会社と労働者の間での合意のみで成立します。
経団連の定める採用期間は、あくまで目安に過ぎず、
成立した労働契約を無効にする効力はありません。

今回も、ご相談者様と会社との間では合意ができており、
有効に労働契約が成立しているようですので、
法律違反だとする親御様のご主張は、理由がないかと思われます。

また、6月以前の内々定につきましても、
ご相談者様において就職活動や決断に影響がなかったのであれば、
法律違反にはならないものと思慮いたします。

2019年07月23日 01時04分

この投稿は、2019年07月23日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】転職するとき懲戒処分歴や前科を隠しておくことのリスク

前職で懲戒処分を受けていたり、前科があったりしたとき、転職活動の面接では正直に伝えなければならないのでしょうか。入社して後から発覚した場合、...

従業員の身元保証人が契約途中で身元保証を辞める方法

会社従業員の身元保証人を引き受けたものの、本人と疎遠になった…。このような場合に身元保証人を辞めたいと考える人もいるでしょう。契約で定めた有効...

この相談に近い法律相談

  • 過度な干渉をする親に内々定先への嫌がらせ

    大学4年生の就活生です。 自分が希望する企業から内々定を頂き、来年の4月からそちらで働こうと考えています。 しかし、親が反対しています。言動だけでなく弁護士を雇って提訴しようと企んでいます。そこで、先生方に質問です。 1 経団連が定める広報活動期間である3月〜5月に企業が内々定を出した場合、労働契約法違反になるでし...

  • 就職活動妨害について

    以前働いていた会社で未払金請求したことを協会ないで宣伝され面接でおとされやっと就職したかと思えばその事で解雇され続けています! 労基法に触れることのない会社でさえ解雇されるのですが、、、 個人情報保護法違反で被害届は出せるのでしょうか?

  • 就職活動において、借金、風俗

    質問です。 ❶脱毛に30万ほどの医療ローンを組んでいます。就職活動中で銀行、証券等の金融機関を志望してます。 金融機関でローンがあると、就職先が調べてバレてしまうのでしょうか? 借金があると就職に不利になりますか? ❷2019年2月から風俗、デリヘルで働いており、今は就職活動で休止中です。今時は、企業が身辺調査...

  • 就職活動中における無賃労働について

    就職(パートタイム)活動中です。雇用契約を結ぶ前に、仕事内容の確認や使っていただけそうかなどの相互確認も含めて、1週間程度の無賃労働を提案したいと考えています。どのような点に注意して話をもちかけたらよいでしょうか?法律上問題になる点などもあればそれも含めて教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 派遣契約中の就職活動

    秋から派遣社員として派遣先で稼働しています 休みの時に正規社員の道をすてきれなくて、就活しています 今の派遣先は来年秋までの契約ですが仮に正職員の採用を他所で決まった場合派遣契約満了前に辞めてしまう事はトラブルになりませんか!?派遣会社から派遣契約満了前に辞めるのを問題にされる事はないでしょうか!?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

就職・転職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  2. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  3. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  4. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  5. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  6. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  7. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。