同業他社への転職、会社は制限できますか?

会社を辞めたのですが、秘密保持契約書を書かされ、「同業他社に5年間就職してはいけない」とも書かれた書類にサインしてしまいました。
憲法では職業選択の自由が保障されていますが、やはり他社で仕事はできないのでしょうか?
私が同業他社で働いても、前職の情報漏洩をしなければ問題ありませんか?

よろしくお願いします。
2019年07月16日 11時22分

みんなの回答

羽鳥 正靖
羽鳥 正靖 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 群馬県4 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
ご指摘の通り職業選択の自由が保障されている関係で、退職後の競業避止義務については職業選択の自由への制約の程度が強すぎる場合には無効になる可能性があります。
「5年間」という期間は制約の期間としては一般的には長いと思われますので、秘密保持義務が無効となる可能性はあります。また、「同業他社」についても地理的範囲の限定等がなければ制約の程度が強いと判断される可能性があります。さらに、競業避止義務の代償措置(保証金の支給等)がされていない場合には、それも無効の事由となる可能性があります。
契約書の内容にもよりますので、詳しくはお近くの弁護士に相談された方がよいでしょう。

2019年07月16日 18時04分

羽鳥 正靖
羽鳥 正靖 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 群馬県4 労働問題に注力する弁護士
ありがとう
上述の回答内容ですが、「保証金の支給」ではなく「補償金の支給」ですので、訂正します。

2019年07月16日 18時06分

この投稿は、2019年07月16日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

従業員の身元保証人が契約途中で身元保証を辞める方法

会社従業員の身元保証人を引き受けたものの、本人と疎遠になった…。このような場合に身元保証人を辞めたいと考える人もいるでしょう。契約で定めた有効...

同業他社へ転職したら前社から競業避止義務違反を主張されたときの対処法

会社によっては、就業規則や誓約書で、従業員に「退職後1年間は同業他社に転職してはいけない」などの競業避止義務を定めているところがあります。こう...

この相談に近い法律相談

  • 転職後の同業他社への就職について

    退職後、同業競業の会社を設立し、同業務や、人員を雇用し業務を行っていることに際し、 就業規則には、"退職者等は退職後1年間は会社の許可なく会社の競業に従事し、または自ら営業してはならない” とうたってあることで、訴えを起こすことは可能でしょうか。 取引先が同じで、また業務を新会社で受け始めていることで、損害を...

  • 同業他社への就職について

    お弁当惣菜製造業と居酒屋のチェーン店は同業他社の関係になりますか?退職時に誓約書を書かされ捺印しました。拒否をしてゴタゴタするのも嫌だったので。その項目に3年間同業他社に就職するのは認めない等書かれていました。居酒屋を辞め、惣菜屋に就職が決まっています。前職場にばれた時、訴えられてしまうのでしょうか?ちなみに、...

  • 同業他社への就職禁止について

    希望退職で会社を退職しましたが、2年間は同業他社への就職を禁止する条項が御座います。これは就職だけではなく、アルバイトも含まれてしまうのでしょうか? 退職金の割増は頂いてます。 本業は別の仕事をしておりますが軌道に乗るまでアルバイトを掛け持ちで行おうと考えております。 お手数ですがお教え頂けますようお願い致します

  • 営業職 同業他社に転職後 前会社の顧客との関係

    主人が同業他社に営業職として転職しました。前会社でも営業職もしていたのですが、辞める半年程は営業ではなく業務をしておりました。業務になってからも、営業時代のお客様からの問い合わせが後任ではなく主人の携帯にあったそうです。お客様からは、引継ぎの営業が全然来ない、問い合わせても返事が来ないなど愚痴も多かったと言って...

  • 役員の同業他社への転職

    会社の元役員(取締役部長)です。先日会社を退社したのですが、退職する際に、機密維持の取り決めにサインをさせられました。そして、法律上同業他社には行ってはダメだと言われました。これからひとりで独立していこうと思っておりますが、この場合会社が損害賠償や訴えを起こすことはありますでしょうか?ちなみに会社の規模は150...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

就職・転職の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  2. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...
  3. 就活セクハラ「被害者が声を上げられる場所を...
  4. ドイツに出向、残業100時間超で精神疾患に…現...
  5. しゃぶしゃぶ鍋事件、被害男性「熱い鍋より、...
  6. 私学教員の部活指導など、「明確な指示」なく...
  7. タイムカード打刻「15分単位」で切り捨て…薬...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。