弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

就職・転職 : 就職・転職活動における法律トラブルと対処

外資大手 転職 バックグラウンドチェック

現在転職活動中で、大手外資系から内定が出ました。
前科があり、心配になり少し調べてみたところ
外資大手ではバックグラウンドチェックというのを行う企業が多いとききました。
・内定企業がバックグラウンドチェックをやっているのか調べてもらうことは可能か?
・チェック対象に前科が含まれているのか調べてもらうことは可能か?
・そもそも諦めた方が無難なのか?
アドバイスをいただきたいです。
お願いします。
確認を請求するのは、自由ですが、
それを請求した場合の相手の反応は想定しておく必要はありますね。

M0831さん
2017年08月31日 07時55分

みんなの回答

高谷 滋樹
高谷 滋樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 京都府2
ありがとう

2017年09月14日 01時57分

この投稿は、2017年08月31日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,314名の弁護士から、「労働問題に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

この相談に近い法律相談

  • 【転職関連質問】外資系会社に内定後、現会社を退職。その後、外資系会社から再度面接の連絡あり。

    タイトルの通り、昨年末にある外資系企業に転職を望み面接を受け、内定を頂きました。 この内定を受け、私は当時勤めていた企業を退職したのですが、先日内定先の外資系企業から 人事責任者が変わったため再度面接したいと連絡が有りました。 私は内定を頂いたため当時の会社を退職したのですが、再度面接を行うということは 内定取...

  • 転職活動

    転職活動しているものです。内定をもらいいく意志を伝えて書類もきたのですがその職場にいくきがしません。このご時世働き口がみつかったと思ったのですが…断わったりしたら何か問題になったりしますか?

  • 転職内定について

    はじめまして。 先月、転職活動中の第一希望より二次重役面接の結果が届きました。 結果は不採用。しかしその後人事変更があったようで、私に連絡がありました。 その内容としては、 ・前回の不採用の結果は、採用枠1名ということで採用活動を行っており、2名採用の採用枠であれば、両方をと悩むほどであった。 ・本日もう一名追...

  • 在職中の転職活動について

    現在、在職中で転職活動をしております。 家庭もあるのでどうしても、退社してからの就職活動は避けたくて、在職中に転職活動をして内定をもらってから退社したいと考えております。 現在は小さい会社でして、周りの同僚には転職活動を行っている意思や相談等はしていました。社長には隠していた訳ではないですが、ややこしいことにな...

  • 転職について

    転職を考えており、出向先である企業に採用試験を受け、内定をいただきました。しかし、会社に退職の意思を伝えると、引き抜きと勘違いをされ、さらに裁判なるかもしれないと脅され、退職の理解が得られません。 就業規則に、離職後1年は協業してはならないとあり、その意味もわからず困っています。 せっかく試験を受けて内定をもら...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 上司に徹底的に嫌われ、人事評価が最低に…会...
  2. 日本郵便「正社員との待遇差」訴訟、契約社員...
  3. 「京大発ベンチャー」正社員採用のはずが「雇...
  4. クレディセゾンが全従業員「正社員化」…多く...
  5. アリさんの「不当労働行為」、都労委が認定…...
  6. カラ出張対策、「領収書やICカード履歴を提出...
  7. 残業170時間、休みほぼゼロ…自殺した医師の労...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。