有休申請の行き違いについて

直近に所属していた派遣会社が10日〆翌月10日支払いでした。6月初旬に退社が決まり、有休を消化するべく派遣会社担当者に残日数を確認した上で電話にて13日、20日、24日、28日の有休申請をしました。入社してから欠勤や有休等の連絡はSMSで行っていましたが、この時は退社についてのやり取りの延長で口頭のみの連絡でした。6/11〜6/28迄の給料明細が先日届きました。1日有休、3日欠勤扱いだったので担当者に確認したところ、「沢山の人とやり取りしている為、聞いた覚えがない。」との事でした。既に退職済みの為、修正するとなると凄く手間がかかるらしく、支払い不可能だそうです。なぜ1日だけ有休扱いになっているのかも不思議なところですが、泣き寝入りしないといけないのでしょうか?3日分で¥26,000余りなので泣き寝入りするには高額かと思い、諦められません。
2019年08月19日 22時18分

みんなの回答

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
事実として有給申請をなされていたのであれば、欠勤処理をされているのは会社の誤りに過ぎず、ご相談者様に賃金を請求する権利があることに代わりはないものと思慮いたします。
代理人等を立てると費用が高くなる可能性もありますので、ご自身での請求や支払督促、少額訴訟等を視野にご対応を検討されても良いかと思慮いたします。

2019年08月19日 22時52分

相談者
早々のご回答ありがとうございます。口頭でのやり取りだった為、証拠が無いのですが請求可能でしょうか?

2019年08月20日 09時58分

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ありがとう
有給を申請された事実があるのであれば、法的手続きにおける立証見込みは別として、請求をされる権限自体は有しておられますので、ご請求をされることは可能と思慮いたします。

また、立証という観点からも、申請したやり取りそのものは口頭であって証拠がないとしても、前後の会社や上司の方とのやりとり等から、有給申請がなされていたと伺わせる資料等があれば、なお立証できる可能性等はあるかと思われます。

2019年08月20日 10時46分

相談者
何度も申し訳ありません。派遣会社の担当者と幾度か連絡を取りましたが、聞いてないの一点張りです。4日休暇のうち何故か1日だけ有休扱いだった事を問うと1日分だけ聞いたとしか言いようがないのでご理解くださいと言われました。訴訟などに発展すると手間や費用がかさむと思いますが、メリットはありますか?

2019年08月20日 17時33分

青山 知史
青山 知史 弁護士
労働問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
相手方の主張に応じる義務はありませんので、ご請求をお考えになるのであれば、法的手続きを採ることは問題ありません。

問題は、ご懸念されている通り費用の点ですが、少額訴訟等であれば、印紙代及び郵券を合わせて数千円となりますので、差引きで利益は出るかと思われます。
もっとも、ご自身で書面作成や期日対応をされる労力を考えると、労力に見合わない面はあるかとも思われます。

なお、こうした法的手続きの見込みは、上述の通り、有給申請の存在を推知できる他の資料の有無によるため、資料がない場合には、要する労力まで含めると、デメリットの方が大きくなる可能性は考えられます。

2019年08月20日 17時57分

相談者
残念ですが、今回は確固たる証拠がないので諦めます。ありがとうございました。

2019年08月20日 19時48分

この投稿は、2019年08月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【弁護士Q&A】退職するとき引継ぎせず退職まで有給消化するこのとリスク

退職するとき、後任者に対する業務の引継ぎが必要になることがあります。退職日まで有給消化して過ごしたい場合、引継ぎをせずに退職することはできる...

退職するときの有給消化を会社に拒否された場合の対処法

在職中になかなか有給休暇が取れない職場で働いている場合、退職する際にまとめて有給消化をしたいと思う人もいるでしょう。ただ、職場によっては、退...

この相談に近い法律相談

  • 退職するにあたって有休休暇の消化をしようとしたらできないようです どうしたいいのでしょうか?

    とある介護施設に現在就業中で8年経ちますが、今年の6月をもって退職し、他の施設へ移ろうと考えています。 年間40日ほど有休を頂くのですが、希望で使えることはなく体調不良で休む際に使うか、当日の人数に応じて1時間の時間休~半日有休が月に1回取れるか取れないかです。来月より働き方改革で1人5日は有休を取得しなければならな...

  • 退職前の有休消化について

    年次有給休暇について質問です。 年次有給休暇の習得要件が、入職後6か月で10日、1年6か月に13日、2年6か月に14日、3年6か月に16日、4年6か月に18日、5年6か月に20日の有休が支給されます。その後は、毎年4月に20日分支給され、MAX40日まで積み立てることが可能です。 わたしは2005年4月入職し、無断欠勤なく役職もついて勤務して...

  • 派遣先から有休消化を断られました。

    2017/10月から現在、派遣社員として就業中です。2018/11月に2019/3月末退職の旨を派遣元、派遣先ともに伝えています。現在、4日間の有休が残っており2/15日に3月最終週に有休消化を派遣先に申し出たところ、有休消化なんて話は聞いていない。用事があった場合にシフト上で可能な場合のみに限り取得するようにと言われ、2/15本日の15時ま...

  • 退職時の有休消化について

    会社からほぼ退職勧奨に近い話をされました。上司による個人的な好き嫌いの問題でこちらに仕事上での落ち度がないのと、退職金を払う事態を避けるためか、こちらが自主的に退職するのを待っているようです。 就業規則には辞める場合、退職の1ヶ月前までに申し出るよう記載があります。 また、毎年1月にその年の分の有給休暇が増えます...

  • 退職時の有休消化について

    先日退職について相談させていただきました。ありがとうございました。 2月10日の時点で3月末の退職を認めてもらえませんでした。次の引き継ぎ相手が決まってない事もあり、仕方なく6月末までの在籍で了承したのですが、私としては引き継ぎもゴールデンウィーク明けには完全に終わると思われるので40日ある有休を出来るだけ消化したく5...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

労働のニュース

  1. 佐野SA、ふたたびストライキ決行へ「前回のス...
  2. 農業アイドル自殺「遺族側が会見やネットで事...
  3. 教員に「変形労働時間制」、反対署名が3万超...
  4. アシックス「パタハラ」裁判、会社側は争う姿...
  5. 「女性活躍」でメディア注目の塗装会社、ハラ...
  6. 本当は働いたのに「残業なし」で出勤簿提出 ...
  7. パンプス強制にNO「#KuToo」署名提出…女性の...

活躍中の弁護士ランキング

労働問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。